ヘルスケア通信

newshealth.exblog.jp ブログトップ | ログイン

MI・ 1

 今回は、M.Iの話の1回目です。

 M.Iと言っても「ミッションインポッシブル」ではありません。
「ミニマルインターベンション」、日本語に訳すと「最小侵襲治療」。
なんとも難しい言葉になりますが、要するに、「できるだけ歯を削らずに、最小限の治療で済ませましょう!」というコンセプトです。
詳しくお知りになりたい方はこちらをご覧下さい

 まあ考えて見れば当たり前の話です。誰でもガリガリ歯を削られたくありません。しかし、この当たり前が当たり前にできるようになるには、時代と機材の進歩が必要でした。

 症例をご覧ください。
 まずは、術前の口腔内写真。
鏡で撮っていますので左右逆に写ります。少し鏡の傷が写って見にくくなっています。ご容赦下さい。
右上の小臼歯に、大きな虫歯ができています。
b0119466_0441649.jpg
レントゲン写真はこちらです。黄色い丸の中に影ができています。
b0119466_0515416.jpg
どの世界でも影は曲者です。この歯も、痛くもかゆくも無く、初めは穴が開いてる事すら患者様は気づいていませんでした。しかし、ちょっと削ると上の写真のように大きな穴が隠れていました。神経に近い所まで虫歯に冒されていますので、昔ならまちがいなく神経を取ってクラウンをかぶせる治療になるでしょう。

 術後です。
とりあえず、大きな穴を歯と同じ色のプラスチックで詰めました。これで治療終了です!。
b0119466_0442485.jpg
実は、大事なのは、この「とりあえず」という考え方なのです。

 術後のレントゲン写真です。
b0119466_0514952.jpg
最新のプラスチックはレントゲンに写りますので、白く写っています。神経のギリギリ近くまで虫歯に冒されていたのが解ります。

 この患者様は、治療後、現在で3ヶ月余り経過していますが、何の問題も無く経過しています・・・・。


 では、昔はなぜこんな治療ができなかったのか?

 ひとつは、材料が大きく進歩したことです。特に、プラスチックの接着剤や、殺菌消毒の概念が格段に進歩して、深い虫歯でも神経に害を与えずに治療することができるようになりました。

 もうひとつは、デジタルレントゲンやカメラ、虫歯発見レーザー(ダイアグノデント)など、診断やカウンセリングの器材が発達したことです。M.Iには、やはり正確な診断とカウンセリングが必要になります。
 
 でもデメリットが無いわけではありません。先ほど「とりあえず」、と書いたように、深い虫歯の場合、後日、痛みが出て、短期間に神経を取る治療が必要になることもあります。ですから、このリスクを、術前に正確に理解してもらう必要があります。また、経過を定期的に追い、メンテナンスをする必要もあります。

 ふた昔ほど前、私が大学を出たばかりの頃は、術後、すぐに痛みが出たら、歯科医としての評判を落とす、と先輩から教えられていました。だから、深い虫歯は、必ず神経を取れ!と。

 現代の患者様には、こんなゴマカシは通用しません。当院に見えられる患者様は、本当に自分の歯を大事に思っておられます。ですから、正確なカウンセリングが必須になります。その上で「後で痛みが出る可能性はありますが、とりあえず、神経を残して最小限の治療で済ませましょうか?」と、問いますと、ほとんどの方が納得して頂けます。

 しかも、仮に痛みが出ても、多くの場合、中の神経を小さな穴を開けて取るだけで解決しますので、やはり、大きく削ってクラウンをかぶせる、という治療は避けることができます。ここがM.Iの大きなメリットなのです。

 現在のM.Iは、20年前は文字通り「ミッションインポッシブル」でした。実行不可能だったのです。
医学は進化し、予防技術はどんどん発展しています。この続きはMI・2へ。













by healthcarenews | 2012-04-25 01:56 | 虫歯治療・MI治療

貴方の健康の舵取りを。堺市北区中長尾町、山本歯科医院の歯科に関する情報のページです。


by healthcarenews
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite