ヘルスケア通信

newshealth.exblog.jp ブログトップ | ログイン

後戻りの少ないホームホワイトニング。1年経過後の経過観察症例。

 今回のヘルスケア通信は、ホワイトニング症例です。

 ホワイトニングの効果って、いつまで続くの?って質問を良く受けます。
今回の症例は、その答えになるかもしれません。

 下の写真は術前、2012年7月の写真です。
b0119466_23053671.jpg
 次の写真は、2015年2月。経過観察時の写真です。
ホームホワイトニングを終了後1年以上が経過していますが、ほとんど後戻りはしていません。
それどころか、記録には表れていませんが、直感的には、じわじわホワイトニングは進んでいる感じすらします。
b0119466_23055751.jpg
 ホームホワイトニングのデメリットはホワイトニングに時間がかかることですが、逆にそのメリットは、じわじわと長く続くそのホワイトニング効果にあります。

 この患者様は、トータルの審美修復を希望され来院されました。
一通り、審美修復を行った後、ホームホワイトニングで仕上げを行いました。
現在でも、良好なメンテナンスを続けていただいております。

 審美修復にしろ、ホワイトニングにしろ、きっかけはともかく、副次的な効果として、自分のお口の中にしっかり興味を持ってもらえる、ということがあります。
このことで、メンテナンスが上がれば、将来的にも、お口の健康に大きなプラスになると思います。

 また、ホワイトニングトレーにフッ素製剤や消毒剤を入れることで、より高い精度の虫歯予防や歯周病予防効果を期待することもできます。

 一度ホームホワイトニングを試して頂ければと思います。









by healthcarenews | 2015-02-18 23:54 | ホワイトニング

貴方の健康の舵取りを。堺市北区中長尾町、山本歯科医院の歯科に関する情報のページです。


by healthcarenews
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite