ヘルスケア通信

newshealth.exblog.jp ブログトップ | ログイン

カテゴリ:山本歯科ツアー( 15 )

世界基準の滅菌システム~時代は「クラスBオートクレーブ」へ~

 当院では、1~2年に1度、テーマを決めてシステムのアップグレードを行っています。

2010年にはCTの導入、2011年には技工室の独立法人化、2012年、炭酸ガスレーザーの買い替え、2013年、精密根管治療のアップデートとマイクロスコープの導入、2014年マイクロスコープ室の個室化、とつながってきています。

そして、この2015年の目標は、滅菌システムのアップグレードとダイレクトボンディングでした。

 まずは、この夏導入した新しい滅菌システムのご紹介から。
滅菌スペース全景です。
b0119466_2310362.jpg

 新しい滅菌システムのキモは、世界基準の滅菌クオリティ、クラスBオートクレーブの導入です。
b0119466_2335622.jpg

 今回は、医療先進国のヨーロッパ規格EN13060において最高のクラスB条件をクリアしたシロナ社のDACプロフェッショナルオートクレーブを導入致しました。

 歯周外科やインプラントなどの外科的処置を含め、近年の歯科医療は非常に高度化しています。それにより、治療に用いる器材を通じての交差感染防止の標準予防策もその高度化に応じた高い滅菌のクオリティが今日では求められています。インプラント用を含むオペ器具、タービン、滅菌の難しいパックされた布類などは、こちらのオートクレーブを用いて滅菌を行います。

こちらはGC社のハイパワーウォッシャー。
b0119466_23482598.jpg

歯科用器具に付着した血液や蛋白質などを、酵素製剤で溶解洗浄したのち、90度の熱水を用いて自動洗浄する洗浄機です。

こちらはアイオニー。
b0119466_23565072.jpg

高精度のオートクレーブには、高度に精製された水が必要です。この器械は、その水を精製するための装置です。

ルブリナ。
b0119466_23593434.jpg

タービンを自動で洗浄、注油する器械です。使用したタービンはルブリナで自動洗浄、注油され、パックされた後、クラスBオートクレーブで滅菌されます。

従来型(クラスN)オートクレーブ。
b0119466_04594.jpg

日本国内では、まだほとんど歯科医院で使われているクラスNオートクレーブです。
これでも、もちろん滅菌が不十分という訳ではありません。
形態が単純で滅菌が容易な一般歯科用器具はこれを用いて滅菌しています。

中性水(AP水)
b0119466_0112968.jpg

これは「APアクア21」という装置で、水道水、食塩、精製水、の三つより生成される次亜塩素酸(HClO)溶液です。一般的な塩素系消毒剤の次亜塩素酸ナトリウム溶液と比較して、約100倍の除菌効果が得られる優れものです。B型肝炎ウィルスなどの無毒化にも有効です。

超音波洗浄器
b0119466_0165848.jpg

b0119466_081660.jpg

使用された器具は、一度AP水の中を通ったのち、洗浄、滅菌されていきます。
by healthcarenews | 2015-09-09 23:53 | 山本歯科ツアー

進化の歴史がまた1ページ 6 レーザー治療

 当院のレーザー治療には炭酸ガスレーザーを使っています。
 虫歯治療や、歯質の強化、知覚過敏、メラニン色素除去など、様々な用途があるレーザーですが、なにより歯肉の処置に出血や感染が少なく、速やかで安全な治療が行えるのが、炭酸ガスレーザーの特徴です。

 導入は10年以上前ですが、この間、突然にウンともスンとも言わなくなりました・・・。つまり、壊れたのです。
まあ、偶然か必然か、そろそろメンテナンスの時期かなあ、と思っていたので、メーカーにメンテナンス時のための代品の手配をしていた所でした。そのため、すぐに代品も手に入り、まったく診療に支障をきたすことは無かったのですが・・・・・。

 そろそろ替りを・・・、と考えると、まるで、それを察知して、スネたかのように壊れる・・・。
まあ、機械もんには良くあることです・・・・ははは(涙)。
 とは言え、決して安いものでもありませんので、修理するか、新品に替えるかは、大いに悩んだのですが、結局、新型に替えることにしました。

 新型の価格を書くのは差し控えさせてもらいますが、旧型の修理見積もりは80万!とこれまた安くない。
それでも、次、またいつ壊れるのかなんの保証もありません。
炭酸ガスレーザーは、インプラントのオペにも使っていますので、オペ中にでも壊れると大変です。
迷わなかった、と言えばウソになりますが、ここはさらなる投資に踏み切ることにしました。

 で、下の写真です。
b0119466_231058.jpg

 さて、新型を使ってみると、やっぱりイイ!
本体は小型になって、軽くなって、小回りもきいて扱いやすくなったし、レーザービームも細くシャープになって、より精度の高い手術ができるようになりました。

 色味も、診療室のカラーに合わせて、ワインレッドメタリックを選択。
旧型も気に入って使っていたのですが、較べると、やはり無骨に見えます。
ちなみに旧型はコレ、です。
b0119466_2322888.jpg

 まあ新型になったから、これから、バリバリ切るぞ!って事は絶対にしませんが、適応症が広がったのはまちがいありません。

 高品質のツールがまた増えて、今後とも、さらに質の高い治療を目指し、がんばっていきたいと思っています。
by healthcarenews | 2012-11-25 23:18 | 山本歯科ツアー

進化の歴史がまた1ページ 5

 今年も3月くらいから、院内の様々なアップデートを行っています。
 そういえば、去年も5月から7月にかけて外装の手直し、新しいチェアやCTの導入をしましたが、今年もこの時期にいろいろ触ることになりました。
 まあ、ひとつ済んだら次の構想を立て、見積もりを出して、準備して実行するまで、やっぱり1年くらいはかかりますね。でも今年はしんどかった(汗)。

 おこなったのは技工室の移転、改装。それに伴う法人の立ち上げ。診療室、更衣室の改装。その周辺のこまごまとした手直しです。

 特にしんどかったのは震災!。ただでさえ、被災地の悲惨な状況に胸を痛めているところへ、全く日本の将来が読めない状態になって、しかし、改装そのものは、年初にゴーサインを出していたんで、今さら後へは退けず・・・・・。これが、えらいストレスでした。また、材料が手に入らず、工期が大幅に遅れました。
あとは法人の立ち上げ。これまた専門家の助けがないと、まったく訳わかりません。やっぱりニッポンの社長さんはえらい!


 まあ、順不同ですが、書きやすい順にぼちぼち紹介していきましょう。
b0119466_1052.jpg

まずは、これから。
3番チェア周辺を整理しました。古いキャビネットを廃棄して、照明を増設。中庭灯も移転して見えやすくして、掛けてある絵も替えました。(絵に関してはアートスペース参照)。

去年の5月ごろの写真と比較すると・・・・。
b0119466_184655.jpg

以前から、どうも暗い暗いと気になっていた3番チェアの周辺が、これで明るく居心地のいい空間に変わりました。
もちろん照明には省エネ灯を使っています。これで夢がひとつかないました。

 5台有るチェアは、それぞれに居心地を考えて工夫がしてあります。
またそれもいつかご紹介できるでしょう。
by healthcarenews | 2011-07-03 01:35 | 山本歯科ツアー

進化の歴史がまた1ページ 4 ~X線システムデジタル化~

この夏、とうとう、というか、懸案の、というか、院内のレントゲンシステムをデジタル化に踏み切りました。

デジタルレントゲンには
1.X線被爆量を少なくすることができる(従来型の1/3から1/10)
2.劣化のない鮮明な画像を得ることができる
3.データの保存、転送が簡単
4.現像液等の廃液が出ないため、環境に優しい
など、数々のメリットがあります。

まずは古いパノラマレントゲンの機械を撤去です。
b0119466_2343359.jpg

17年働いた、歯科用パノラマレントゲン装置。口の中全体を一望できる優れものでした。
しかし、時代と技術の進歩にはかないません。
b0119466_2365369.jpg

こう見ていると17年前、この機械が入ったときすごく嬉しかったのを思い出しました。
まだ、現役ばりばりで使えるのになあ。なんか、少し寂しい。でも、診療技術と精度の向上のためです。
長い間ご苦労様でした。
偶然にも、この機械を設置した人と同じ人が、撤去と新しい機械の設置に来てくれました。
b0119466_2371038.jpg
撮影精度をさらに上げるために、床と壁を補強を施します。床や壁の振動が、画像の精度を落としてしまうからです。もちろん、レントゲン室の壁、床、天井は、鉛で完全にシールドされています。
b0119466_2325141.jpg

新しい機械です。トロフィパンプラスと呼ばれる、パノラマレントゲン(2D)だけでなく歯科用CT(3D)も撮影できる最新鋭機器です。
ついでに、口腔内用の小型レントゲン撮影機も一新しました。
b0119466_015168.jpg
X線の被爆量も低減し、撮影精度もさらに上がりました。
b0119466_091643.jpg

画像撮影用サーバーです。ここで、パノラマとCTの撮影をコントロールします。
ここを中心に、受け付け用も含め、6台のコンピューターと7台のモニターがリンクする一大システムになっています。院内には、待合室のテレビも含めると液晶モニターが12台!
私が、大学を卒業してすぐ、父の診療室には、1台のコンピュータもありませんでした。
時代は変わったもんです。CTに関しては、また改めてご紹介しますね。
by healthcarenews | 2010-09-22 23:32 | 山本歯科ツアー

さよならブラウン管テレビ

長年、待合室で使っていたテレビが、いよいよさよならの日を迎えました。

もちろん、ご存知のように2011年7月のアナログ放送終了に対応するためです。
b0119466_23471441.jpg

こう見ると、やっぱりでかいなあ!
他のテレビは地デジ化は済んでいるのですが、唯一待合室のテレビだけが、対策を迷っていました。

それは、院内改装の際、こんな日が来ることをまるで予測できずに、25インチのブラウン管テレビにぴったり合わせて、テレビスペースを作ってしまったからです。当時限られた待合室スペースを有効に生かすため、一生懸命考えたスペース配分がアダになってしまいました。当時の25インチテレビは横幅約65センチ。この幅さえ取っておけば、テレビが替わっても問題ないと考えておりました。しかーし、こんなに幅広テレビになるなんて!

スペースの内寸はちょうど65センチ。22型液晶なら問題なく入ります。しかし、25型から比べるとちょっと小さい。26型をいろいろ探しましたが、大体横幅65.5~67センチぐらいがほとんどなのです。24型とかはないし、あと5ミリってところが、どうしてもあきらめきれずに、まあこの年末あたりを目処にゆっくり考えればいいと思っておりました。最悪、地デジチューナーもあり、と覚悟して。

でも、待てば海路の日和あり。出てくるもんです。
横幅ジャスト65センチ。価格も5万を切って、エコポイントまで付いて。
これを見逃す手はありません。

もう計った以上にぴったり。
どころか、入れるとき、キキーーっとちょっといやな音がしましたが、気にしない気にしない。
b0119466_23473123.jpg

点けてみたところです。
b0119466_2348458.jpg

写真では、少し暗いですが、十分綺麗に写ります。

ただし、電源、チャンネル、音量調節が、横についていたため、このままではまったく調整できません(笑)。
リモコン頼りになりますので、どうぞ、患者様で、チャンネル、音量調整希望の方は、遠慮なく受付までお申し付けくださいませ(謝)。
by healthcarenews | 2010-09-21 00:07 | 山本歯科ツアー

進化の歴史が、また1ページ 3

昨年秋から、外装も少し手を入れていっています。
下は、改装前の写真です。
b0119466_2328984.jpg

これは、改装後。
b0119466_23311194.jpg

少しわかりにくいですね。角度を変えてみましょう。
b0119466_23355959.jpg

車庫の前をウッドデッキ風に替えました。前に書いていたように・・・。
しかーし!本当は、板目を横に這わせて、船のデッキのようにしたかったのですが、雨水が流れるように張らないといけないとかで、どうしても横張りにはできませんでした。残念!
しかし、まあ暖かい感じにはなりました。今のところは満足です。
b0119466_2340134.jpg

あとは、大きな花壇を撤去し、直植えの花壇に変更しました。駐車をしやすくして乗り降りを楽にするためです。
いまは、バラとクリスマスローズを植えています。まだ貧相なんで、早く大きくなってくれないかなー。
b0119466_2345530.jpg

同じ目的で、ごみ置き場も仕切りのブロックを撤去し、掘り込み式に替えました。
b0119466_2347540.jpg
b0119466_23472297.jpg

たった数十センチを拡げるのに、なんと手間のかかることか・・・(汗)。

待合室の大窓の前には、ベンチを置きました。
待合室は禁煙です。たばこを吸われる方は、今まで、外で立って吸ってもらってました。
そんな方に使ってもらえばと思います。ただし、夏は暑いし、冬は寒いですが・・・(^^;)
b0119466_003875.jpg


最後に、従業員通用口の扉の前のポールに花を咲かせました。
出入りの時の事故防止用です。
同じ黄色と黒の注意信号なら・・・と、ひまわりを咲かせました。
b0119466_0103446.jpg

すこし笑えるでしょ。
ものものしい警報より、あれ?っと注意を引いてくれたらいいと思っています(笑)
by healthcarenews | 2010-05-26 00:22 | 山本歯科ツアー

進化の歴史が、また1ページ 2

 昨年秋から、今年にかけて、院内外に、細かなマイナーチェンジをいろいろと施しています。
本当に細かなとこから言えば、インフルエンザウィルス対応の空気清浄機の設置とか、トイレの便座ウォーマーの設置とか・・・、ま、今更といえばいまさらで、ちっとも自慢にはなりませんが f(^^;))。
 
 あと、高齢の方が立ち上がるときにつかまる手すりとかも設置しました。
バリアフリーを目指すとどうしても、靴を脱ぐときの段差が大きくなります。そうすると靴を履いて立ち上がるときが一苦労になるのです。 
靴を履いたまま診療室に上げると清潔の確保が難しくなります。バリアフリーの難しい所です。 
もちろん、靴を履くためのイスは置いてあるのですが、やはり、床に座り込んで靴を履こうとするおじいちゃんおばあちゃんもいるのです。いろいろな方に対応できるよう、手すりの設置となりました。
これで、すこしでも楽になってくれるといいですね。

 ところで、個室診療台への液晶テレビの設置に伴い、ゴッホの「夜のカフェテラス」(複写)がトイレに移動になりました。
前にも書きましたが、「夜のカフェテラス」は僕のブログのタイトルにも借用した、非常に素晴らしい絵です。
ゴッホさんごめんなさい、貴方の絵を支えられるような壁面は、もうトイレにしか残ってなかったのですm(_ _)m。
by healthcarenews | 2010-05-25 23:25 | 山本歯科ツアー

進化の歴史が、また1ページ 1

 ここ数年、世界は劇的に変化しているように思います。
 リーマンショックに始まり、オバマ大統領の誕生、地球温暖化、アメリカBIG3の崩壊、ハイブリッド車の台頭、自民党の大敗。トヨタの窮地、中国の資本主義化。枚挙に暇ありません。

 しかし歯科医療のパラダイムシフトは、実は、もう10数年前に始まっていました。そして1997年にはヘルスケア歯科研究会が発足しました。
 「できるだけ歯を削らず、守ろう」とする、そのポリシーは、「重箱の隅をつつくように虫歯を探して削る」当時の治療に不満を感じていた私に、福音のように聞こえました。
 20年ほど前から手探りで進めていた予防歯科は、その頃から、理論的に構築され、科学的に患者様に説明できるものになりました。

 以来、少しずつではありますが、こつこつと、診療システムの改善や、診療機材の充実を図ってきたつもりです。
 平成15年には、診療室全体を改装し、翌年には、診療台を一台増設。
また、最近でも、さまざまに手を加えていっています。
「山本歯科ツアー」では、またそれを少しずつご紹介していくつもりです。

 今回は、5台の診療台の中で一番古かったものを廃棄し、最新型の診療台を導入しました。
b0119466_034373.jpg

古い診療台をバラします。なかなか一般の人には見れない景色です。こう見るとターミネーターの一枚剥かれた姿を思い出します(笑)。
b0119466_082789.jpg

無くなりました。これもまず見れない景色でしょう。
b0119466_091518.jpg

特診室の診療台も無くなりました。
特診室の診療台は窓側に移動です。
b0119466_0144571.jpg

まだターミネーターです。
b0119466_0152825.jpg
b0119466_0153926.jpg

新しい診療台のベースが入ります。こう見ると車のエンジンみたいですね。
b0119466_0165864.jpg
b0119466_017935.jpg

特診室に新型の診療台が入りました。
窓側も収まりました。
b0119466_0183418.jpg

最新の診療台には、今、世界一と言われているタービンを搭載しています。
他にも、感染予防、顕微鏡治療(マイクロスコープ)対応など、診療精度を上げ、患者様の快適性を上げる工夫が随所に入っています。
特診室は、インプラントのオペなどにも使っている診療台です。
これで、さらに高レベルの治療を目指し、がんばって行きたいと思います。
by healthcarenews | 2010-05-01 00:33 | 山本歯科ツアー

個室チェアに大型液晶テレビを置きました。

個室タイプのチェアのひとつに、大型液晶テレビを置きました。

個室タイプのチェアは、プライバシーが守られ治療に集中できる、お子様連れでも同室で安心して治療が受けられる、機材を広く展開でき高精度の治療ができるなど、メリットが多いのですが、一部閉塞感を感じ、狭く息苦しく感じる時があることも否めませんでした。
b0119466_23115240.jpg
はじめは間接照明を増やして明るくする計画だったのですが、試しに液晶テレビを置いてみると、これがなかなかいい。

液晶テレビの画面の明るさで、チェア周りも十分明るくなりましたし、画面の中という、「奥行き」ができたことで、閉塞感も感じなくなりました。
b0119466_2312456.jpg

もちろん、待ち時間の退屈しのぎにも。

時間のかかる治療などは、このチェアで行うことが増えてきましたし、
普段、治療に集中してて、夜まで気づかなかったニュースなども、早く耳に入るようになりました。

これからプロ野球のシーズンも始まり、夜診の特等席になるかもしれませんね(笑)。
by healthcarenews | 2010-04-14 23:28 | 山本歯科ツアー

コンセント

 コンセント。そうあの電気器具を差すコンセントです。
当院では、チェア周りのコンセントは、全部「腰から上の高さ」に付けました。
b0119466_024664.jpg

b0119466_03167.jpg

これのどこがこだわりなのかって?

 最近では、医療器械の進歩が早く、次から次へと新しい機械が出ては、チェア周りに持ってきて、コンセントに差して診療に使っています。

 ここで、もし普通のコンセントのように床面の近くにあれば、その度にスタッフか屈み、場合によっては床に手をついて、あるいはほこりを舞い上げて・・・・・非効率、不衛生なことこの上ありません。

 腰の高さにあれば、かがむことなく、プラグの抜き差しが、すばやく簡単にできます。

 チェアに付いたらさっと差して、済んだらさっと抜いてさっと片付ける。
高効率でクリーン。
そのためのコンセントです。
by healthcarenews | 2009-02-27 00:11 | 山本歯科ツアー

貴方の健康の舵取りを。堺市北区中長尾町、山本歯科医院の歯科に関する情報のページです。


by healthcarenews
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite