ヘルスケア通信

newshealth.exblog.jp ブログトップ | ログイン

カテゴリ:歯科用CT・3DCT( 5 )

歯科用3D-CTの効用・4 親知らずの抜歯について・・・

 今夜のヘルスケア通信は、「歯科用3D-CTの効用」の第4話です。

今回は、簡単に言うと、いわゆる「親知らずの抜歯」に3D-CTが、いかに役に立つか、と言う話です。

 まずは、下のレントゲン写真を御覧ください。これは一般的なレントゲン写真です。
黄色の楕円で囲ってある歯が親知らず。これを抜歯して欲しい、という患者様の希望でした。
b0119466_0183649.jpg

 ふむ、このレントゲン写真で見るかぎり、親知らずそのものは普通に生えている、普通の歯に見えます。
しかし、そのすぐ下に、5ミリほどの幅の黒い影が斜めに横切っています・・・。
これは「下歯槽管」と呼ばれる、下顎の骨の中の、大きな神経と動脈が通る穴なのです。
抜歯の時に、これを傷つけると大変です。安全のため、3D-CTを撮影してみることに・・・・。

「!」 

下は、3D-CTによって撮影された断層像の一部です。
b0119466_0191687.jpg

 一般的なレントゲンでは普通に見えた親知らずでしたが、角度を変えて見ると、その根っこが途中で細くなって、かつ大きく曲がっています・・・!!。
逆に、下歯槽管(黄色い丸の中の右下にある5ミリほど丸い影)との距離は、近くはありますが、慎重に抜歯すれば大丈夫そうです・・・。

 抜歯はなんとかできそうなので、曲がっている根っこの方向に気をつけて、慎重に抜歯を行いました・・・。

「!!!」

 下は、抜歯した歯の写真です。
b0119466_0195158.jpg

 3D-CT像で事前に曲がっていることが判っていましたが、実物の根っこは、なんと直角近くに曲がっていました・・・。その曲がり方は、正直、想像以上でした(汗)。
今まで、たくさん親知らずを抜いてきましたが、こんな風に曲がっている下の親知らずは記憶がありません・・・・。
もし、CTを撮らないまま、不用意に、根っこが曲がっている方向と反対方向に力をかけていれば、根っこを折ってしまったかもしれません・・・・。そうなると、折れて残った根っこを抜くために、神経動脈に近い、深いところまで掘り下げねばならず、リスクの高い、危険な抜歯になってしまいます・・・。CTがあって本当に良かったと思う症例でした・・・。

 歯科用3D-CTを、改めて簡単に説明すると、従来は平面的にしか撮れなかったレントゲン写真をCT(コンピューター断層撮影)により、立体的に撮影することができるレントゲン写真です。
 
 当院では導入して3年半が経過しましたが、蓄積する症例・データが増えるに比例して、もう無くてはならない大切な診断ツールになってきています。
 当初は、インプラント症例の診断とかに主に用いられ、保険適用がありませんでしたが、現在では一部の疾病に関しては、保険適用も認められています。(インプラント関連の撮影は、今でも保険外です。)

 さて、下顎の親知らずの抜歯は、その一部の保険適用が認められている疾病のひとつです。
よく、親知らずの抜歯は、怖い、痛い、後が大変、と聞いたことがあるかもしれませんが、その原因のひとつが、先ほどお話したように、下顎の親知らずの近くを「下歯槽管」と呼ばれる管があり、その中を太い神経と太い動脈が通っているからです。

 もし抜歯の時に、これが傷付くと、大出血を起こしたり、神経がしびれたり、と、いわゆる「偶発症」と呼ばれる不快症状や後遺症を引き起こします。厚生労働省も、この親知らずの抜歯を、より安全に行なってもらうべく、下顎の親知らずの抜歯時のCT撮影については、保険適用を認めました・・・・。

 今回は、下歯槽管には問題が無かったのですが、思わぬ歯根の変形を発見し、結果的に安全に抜歯をすることができました・・。

 先ほど書いたように、CT症例が蓄積すればするほど、従来の治療が、いかに手探りで、なかば行き当たりばったりで治療を行なわれていたかが判るようになります・・・。

 もちろんレントゲン写真ですから、放射線被曝の問題もありますので、なんでもむやみに撮ればいい、というものでもありません。そのプラス面とマイナス面を、慎重に判断しつつ、診断に役立てていきたいと思います。

 
by healthcarenews | 2014-04-06 01:53 | 歯科用CT・3DCT

歯科用3DCTの効用・3 難診断症例への適用

 歯科用3DCTの効用として、今回は難診断症例に適用した症例をご紹介します。

 ひと口に難診断症例といっても、いろいろありますが、今回は通常のレントゲンには写りにくいタイプの病巣を持った症例です。

◆症例1
 患者様は、右上2番目の小臼歯の根っこの先の歯茎が腫れている、と来院なさいました。

 口の中を見ると、確かに第2小臼歯の付け根が腫れていました。症状からは小臼歯の神経が死んでいることが予想されましたが、まず通常のレントゲン写真をご覧ください。
b0119466_1710896.jpg

 一般の方にはレントゲン像をご覧になっても、難しいとおっしゃるかもしれませんが、一応呈示をしておきます。
レントゲンを見ても大きな病巣は無く、また第2小臼歯も神経が生きている健全な歯でした。
歯周病の検査もしましたが、歯周病も問題ありませんでした。そこで、3DCTを撮ってみることにしました。
b0119466_053158.jpg
 結果、第1小臼歯の根っこの先に病巣が見つかりました。
この第1小臼歯は神経が死んでいました。ここに溜まった膿が、隣の第2小臼歯の根っこの部分の歯茎を腫らしていたわけです。
 ただ病巣がまだ小さかったため、周囲に多くの骨があり、平面的な撮影しかできない通常のレントゲンでは、確定診断ができませんでした。

確定診断後は、通法に基づき根管治療を行い、無事に治癒しました。

◆症例2
 右上の奥歯(大臼歯)が、時々腫れるし臭いもするという訴えで来院なさいました。
症状から見る限り、重症の歯周炎です。
通常のレントゲン像です。
b0119466_19292436.jpg

 上顎の大臼歯は、根っこが通常3本に分かれています。
そして、その3本が、ばらばらに歯周病に感染するときがあります。
ですから、それぞれの根っこの歯周病の進行具合は、通常のレントゲンでは判りにくい時があります。
3DCTを撮ってみました。
b0119466_236094.jpg

 レントゲン上で、黒く見える影が病巣の部分です。上の写真と比べ、3DCTの方が病巣がはっきり判ります。
一番奥の歯は、3本の根っこのうち2本が、歯を支える歯槽骨が全く無い状態でした。
また、奥から2番目の歯は、3本のうち1本が歯槽骨が全くが無くなり、また1本の根の先には大きな病巣ができていました。

 歯槽骨が、全く無くなった歯は、治らないばかりか、感染源となって、他の歯をダメにしていく可能性もあります。
かといって、歯全部を抜くのではなく、3本のうちの一部を抜くことで、歯を助けることができる時もあります。
いま、MIと呼ばれる、最小限の侵襲で済ませる治療のためにも、CTは欠かせないものとなってきています。
by healthcarenews | 2011-03-27 23:58 | 歯科用CT・3DCT

歯科用3DCTの効用・2 埋伏歯について

 タイトルがまだ堅いですね・・・。
 もともと「歯科用3DCT」って所から、舌を噛みそうな感じです・・・。
「ヘルスケア通信」は、専門的な話ばかりになるので、どうしても中身は少し堅い話になるのですが・・。
それを、できるだけ柔らかく・・・がヘルスケア通信の趣旨ですから、もう少しタイトルも一考の余地がありそうです。

 今回のテーマは、「埋伏歯」。埋伏、つまり、歯肉の中に埋まっていて、生えていない歯のことです。
だから口の中には見えませんが、レントゲンにはもちろん写ってきます。しかし、従来型のレントゲンでは平面でしか写らないため、立体的に、口の中のどの位置に埋まっているのかを特定することができませんでした。

 口腔内写真です。
b0119466_153138.jpg
一見、きれいに並んでいるように見えますが、よく見ると左の犬歯がありません。いま並んでいるのは乳歯の一種。年齢的には、もう抜けていなければなりません。歯科用3DCTの出番です。
 3DCTはレントゲン画像をコンピューターで処理し、再構築するため、いろいろな画像で描出することができます。
b0119466_154817.jpg
この写真は、データを3Dレンダリングしたものです。
左前歯の内側に、大きな糸切り歯(犬歯)が斜めに埋まっていることが、立体的に描出されています。

 犬歯は、とても大きな歯で、力も強く、噛み合わせに重大な影響を与えます。乳歯では、この歯に代わることはとてもできません・・。幸い、とても浅い位置に埋まっていることがわかったため、矯正治療にて引っ張り出し、きれいに並べる事になりました。矯正治療そのものには、時間も費用もかかりますが、それでも、一生犬歯が埋まっていることと較べたら・・・、きっとかけがえのない治療になるでしょう・・・。
by healthcarenews | 2011-01-21 01:21 | 歯科用CT・3DCT

歯牙の破折の診断に対する歯科用CTの効用について・・・1.

・・・と堅いタイトルで始めてみましたが…。

 歯科用3DCTを導入して、ほぼ半年。たくさんの有益なデータが集まってきました。

 上のタイトルも、簡単に噛み砕いて説明すると、「普通のレントゲンでは分からない、歯が折れてる部分を、歯科用CTを使うと簡単に発見できますよー。そうすると、診断も早く、そのぶん治療も早く済みますよー。」って事です。

下は、初診時のレントゲン写真です。黄色い丸で囲ってあるところが、感染した病巣です。
病巣が大きいので、治癒にはある程度時間がかかります。でもなんかおかしい。治療していて、普通以上に治療効果のあらわれが遅い。長年の経験で大体、反応はわかりますので、こういうときはイヤな予感がします。
b0119466_0215716.jpg
しかし、昔なら、それでももう少し経過を見るしかありませんでした・・・。今はCTがあります。とりあえず撮ってみることに・・・。
b0119466_022638.jpg
案の定。黄色い矢印のところで、歯が割れています。最初の写真の病巣は、その歯が割れた部分からバイ菌がはいったものです。さすがに、歯は力がかかる部分ですから、1度割れてしまうと完治は困難です。長く治療に通った末、結局抜歯に至ることがほとんどです。状態を正確にを患者様に説明して抜歯をさせていただくことになりました。
b0119466_0221972.jpg
抜歯した歯の写真です。
中央に大きなひびが入っています。

抜歯に至ったことそのものはとても残念でしたが、いたずらに治療が長引くこともなく、そのため病巣の無用な拡大も防ぐことができて、傷口も小さく済みました。その分傷の治りも早く、この前後の歯は健全でしたので、ブリッジを入れて、スムーズに治療を終了することができました。
by healthcarenews | 2011-01-21 00:38 | 歯科用CT・3DCT

歯科用CT・3DCTの導入について

今回、デジタル化に伴い、導入した歯科用CT・3DCTについて少しご紹介しておきましょう。

当院では、France trophy社の「トロフィーパン プラス」を導入しております。
b0119466_1163374.jpg


”ALARAの法則” をコンセプトに開発された「トロフィーパン プラス」は
低照射線量で高画質を実現した次世代の2D/3D、X線撮影装置です。

パノラマ撮影(2D)にて全顎の診査診断をおこない、主訴の細部診断をCT(3D)にておこないます。

実効照射時間は11秒で、従来の広視野3DCTレントゲンに比べ、放射線照射量が大幅に軽減されました。

撮影部位の放射線感受性により異なりますが、一般的なパノラマX線撮影に比べ、1/2~2倍程度です(フランス本国の実測調査による)。そのため、インプラントはもちろん、根管治療における経過観察など、複数回のレントゲン撮影も安心して行えます。

注)”ALARAの法則”とは

国際放射線防護委員会「防護の最適化」により提言されている法則です。

「As Low As Reasonable Achievable」

‥社会的、経済的要因を考慮しながら合理的かつ可能な限り被曝は少なくする‥
と言う事を意味しています。


従来の通常のレントゲンでは平面的な情報しか分かりませんが・・・
b0119466_1323559.jpg
歯科用CTでは3次元的な情報を把握することが可能となり、診断能力が飛躍的に向上します。
b0119466_1325155.jpg

例えば、従来のパノラマレントゲンだけでは見えなかった、痛みの原因歯の確定や、立体的な歯周病の進行度合いの診断も可能です。
また、顎の骨の中に埋もれている埋伏歯の位置の確定や、根っこの先の病巣の大きさの把握にも力を発揮します。
さらに、トロフィーパン プラスの最小分解能は0.076ミリであるため、歯の中の微小な神経の管の発見や、歯の亀裂の診断の助けにもなります。

インプラント手術においては、骨内の重要な神経や血管の距離を、コンピューター上で立体的に正確に測れるため、より安全で精度の高い、インプラント手術を行うことができます。
b0119466_1331074.jpg

まだ、導入して2ヶ月ですが、3DCTを撮影することで、診断が確定した症例が、すでにいくつも出てきています。もう場当たり的な、診断をする時代ではなくなってきているでしょう。
今後は、さらに素早く正確な診断のために、3DCTの有用性は高まってくると思っています。
by healthcarenews | 2010-09-23 01:55 | 歯科用CT・3DCT

貴方の健康の舵取りを。堺市北区中長尾町、山本歯科医院の歯科に関する情報のページです。


by healthcarenews
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite