ヘルスケア通信

newshealth.exblog.jp ブログトップ | ログイン

カテゴリ:はじめにご覧ください( 2 )

はじめに

このヘルスケア通信は患者様と私たちのより良いコミュニケーションのためのページです。

最新の知見も含め、時にはわかりやすく、時には難しい内容まで踏み込んで、お口の健康に関してざっくばらんに話ができる場になればと思っています。

知りたいこと気になることがあればお気軽にメールにてお問い合わせ下さい。
by healthcarenews | 2007-07-22 14:39 | はじめにご覧ください

予防歯科って、何だろう?

 これまでの歯科治療は、その原因よりも症状の解決が中心になってきました。
たとえば、腫れや痛みを取るだけの治療はもちろん、削って詰める治療でも、実はその病気の原因を解決してはいませんでした。
これは、建築に例えれば、しろありが巣食った家を修理して、しろありそのものはそのまま放置してあるようなものでした。また悪くなるのは当たり前の話です。
 痛みが出たときだけ通う、場当たり的治療はさらに最悪です。
その場しのぎで、病状はさらに深く進行していきます。

 予防歯科ではまず、患者様それぞれの病気の原因を分析し、その原因除去をできる限り行なっていきます。
虫歯や歯周病の原因はお口の中の細菌ですので、まずはその定期的なクリーニングをしていくことが基本となります。
その上で、フッ素を塗って歯を強化したり、咬合やその他のリスクのコントロールをていねいに行なっていきます。
 
 当然予防にもコストはかかります。
しかし、長期間かかっても予防のために歯科医院に通院し、メンテナンスに費用をかけた結果、貴方のお口の中にはきれいなご自分の歯がしっかり残っているでしょう。
 
 逆に従来型の歯科治療を受けていき、虫歯になれば詰め、痛めば神経を取り、差し歯を入れ、
だめになったら抜いて、ブリッジや入れ歯をして、まただめになったら、また抜いて、
 「あー、ここもだめですねー。」と修復の繰り返し。
きちんと歯科医院に通い続けて、治療費を払い続け、あげくのはて、これで将来何本の歯が残っているのでしょうか?80歳で平均5本しか歯が残っていない現実は、実はこんなところに原因が隠れていたりするのです。

同じ時間とコストをかけて、歯がある方と、歯が無い方、どちらの結果を選ぶほうが賢明か?

貴方ならどちらを選びますか?
by healthcarenews | 2007-07-22 13:38 | はじめにご覧ください

貴方の健康の舵取りを。堺市北区中長尾町、山本歯科医院の歯科に関する情報のページです。


by healthcarenews
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite