ヘルスケア通信

newshealth.exblog.jp ブログトップ | ログイン

<   2010年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

進化の歴史が、また1ページ 3

昨年秋から、外装も少し手を入れていっています。
下は、改装前の写真です。
b0119466_2328984.jpg

これは、改装後。
b0119466_23311194.jpg

少しわかりにくいですね。角度を変えてみましょう。
b0119466_23355959.jpg

車庫の前をウッドデッキ風に替えました。前に書いていたように・・・。
しかーし!本当は、板目を横に這わせて、船のデッキのようにしたかったのですが、雨水が流れるように張らないといけないとかで、どうしても横張りにはできませんでした。残念!
しかし、まあ暖かい感じにはなりました。今のところは満足です。
b0119466_2340134.jpg

あとは、大きな花壇を撤去し、直植えの花壇に変更しました。駐車をしやすくして乗り降りを楽にするためです。
いまは、バラとクリスマスローズを植えています。まだ貧相なんで、早く大きくなってくれないかなー。
b0119466_2345530.jpg

同じ目的で、ごみ置き場も仕切りのブロックを撤去し、掘り込み式に替えました。
b0119466_2347540.jpg
b0119466_23472297.jpg

たった数十センチを拡げるのに、なんと手間のかかることか・・・(汗)。

待合室の大窓の前には、ベンチを置きました。
待合室は禁煙です。たばこを吸われる方は、今まで、外で立って吸ってもらってました。
そんな方に使ってもらえばと思います。ただし、夏は暑いし、冬は寒いですが・・・(^^;)
b0119466_003875.jpg


最後に、従業員通用口の扉の前のポールに花を咲かせました。
出入りの時の事故防止用です。
同じ黄色と黒の注意信号なら・・・と、ひまわりを咲かせました。
b0119466_0103446.jpg

すこし笑えるでしょ。
ものものしい警報より、あれ?っと注意を引いてくれたらいいと思っています(笑)
by healthcarenews | 2010-05-26 00:22 | 山本歯科ツアー

進化の歴史が、また1ページ 2

 昨年秋から、今年にかけて、院内外に、細かなマイナーチェンジをいろいろと施しています。
本当に細かなとこから言えば、インフルエンザウィルス対応の空気清浄機の設置とか、トイレの便座ウォーマーの設置とか・・・、ま、今更といえばいまさらで、ちっとも自慢にはなりませんが f(^^;))。
 
 あと、高齢の方が立ち上がるときにつかまる手すりとかも設置しました。
バリアフリーを目指すとどうしても、靴を脱ぐときの段差が大きくなります。そうすると靴を履いて立ち上がるときが一苦労になるのです。 
靴を履いたまま診療室に上げると清潔の確保が難しくなります。バリアフリーの難しい所です。 
もちろん、靴を履くためのイスは置いてあるのですが、やはり、床に座り込んで靴を履こうとするおじいちゃんおばあちゃんもいるのです。いろいろな方に対応できるよう、手すりの設置となりました。
これで、すこしでも楽になってくれるといいですね。

 ところで、個室診療台への液晶テレビの設置に伴い、ゴッホの「夜のカフェテラス」(複写)がトイレに移動になりました。
前にも書きましたが、「夜のカフェテラス」は僕のブログのタイトルにも借用した、非常に素晴らしい絵です。
ゴッホさんごめんなさい、貴方の絵を支えられるような壁面は、もうトイレにしか残ってなかったのですm(_ _)m。
by healthcarenews | 2010-05-25 23:25 | 山本歯科ツアー

進化の歴史が、また1ページ 1

 ここ数年、世界は劇的に変化しているように思います。
 リーマンショックに始まり、オバマ大統領の誕生、地球温暖化、アメリカBIG3の崩壊、ハイブリッド車の台頭、自民党の大敗。トヨタの窮地、中国の資本主義化。枚挙に暇ありません。

 しかし歯科医療のパラダイムシフトは、実は、もう10数年前に始まっていました。そして1997年にはヘルスケア歯科研究会が発足しました。
 「できるだけ歯を削らず、守ろう」とする、そのポリシーは、「重箱の隅をつつくように虫歯を探して削る」当時の治療に不満を感じていた私に、福音のように聞こえました。
 20年ほど前から手探りで進めていた予防歯科は、その頃から、理論的に構築され、科学的に患者様に説明できるものになりました。

 以来、少しずつではありますが、こつこつと、診療システムの改善や、診療機材の充実を図ってきたつもりです。
 平成15年には、診療室全体を改装し、翌年には、診療台を一台増設。
また、最近でも、さまざまに手を加えていっています。
「山本歯科ツアー」では、またそれを少しずつご紹介していくつもりです。

 今回は、5台の診療台の中で一番古かったものを廃棄し、最新型の診療台を導入しました。
b0119466_034373.jpg

古い診療台をバラします。なかなか一般の人には見れない景色です。こう見るとターミネーターの一枚剥かれた姿を思い出します(笑)。
b0119466_082789.jpg

無くなりました。これもまず見れない景色でしょう。
b0119466_091518.jpg

特診室の診療台も無くなりました。
特診室の診療台は窓側に移動です。
b0119466_0144571.jpg

まだターミネーターです。
b0119466_0152825.jpg
b0119466_0153926.jpg

新しい診療台のベースが入ります。こう見ると車のエンジンみたいですね。
b0119466_0165864.jpg
b0119466_017935.jpg

特診室に新型の診療台が入りました。
窓側も収まりました。
b0119466_0183418.jpg

最新の診療台には、今、世界一と言われているタービンを搭載しています。
他にも、感染予防、顕微鏡治療(マイクロスコープ)対応など、診療精度を上げ、患者様の快適性を上げる工夫が随所に入っています。
特診室は、インプラントのオペなどにも使っている診療台です。
これで、さらに高レベルの治療を目指し、がんばって行きたいと思います。
by healthcarenews | 2010-05-01 00:33 | 山本歯科ツアー

貴方の健康の舵取りを。堺市北区中長尾町、山本歯科医院の歯科に関する情報のページです。


by healthcarenews
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite