ヘルスケア通信

newshealth.exblog.jp ブログトップ | ログイン

<   2010年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

上下顎のフルマウス(全顎)セラミック修復症例3態

今回は、上顎と下顎同時に、しかもほぼ全顎にわたって施したセラミック修復を3例ご紹介します。
b0119466_23304958.jpg

術前の状態です。古い修復物が、全部すきまが開いて、しかもセメントが溶けてしまい、いつはずれてきてもおかしくない状態でした。修復物(いわゆる金属のかぶせ)の寿命を、よく聞かれることがありますが、おおまかに言って、金属そのものは、よほど無理な噛み合わせや、歯ぎしりでもないかぎり、そう簡単に壊れるものではありません。ほとんどの場合、その金属を歯にとめているセメントが溶けてしまい、二次カリエスや脱落を起こして、ダメになるのです。
 セメントの平均寿命は約7年というデータがありますが、そこは、お口の中の環境次第で大きく変わります。僕がメンテナンスをうるさいくらい言うのもそこなのです。口の中が環境が悪化し酸性に傾くと、セメントは早期に溶けてしまいます。また、安定した環境を保つと、当院でも20年くらい使っているケースはざらにあります。
b0119466_2331325.jpg

術後です。
患者様の強い希望により、上下メタルボンドセラミック冠による修復を行いました。歯周病の状態は安定していたのですが、残念ながら治療にかかるまでに、かなりのアタッチメントロス(歯肉の退縮)を生じていたため、歯が長い形態になりました。しかし、たばこも吸いませんし、生活習慣もブラッシングも安定しているため、予後は良好に経過しています。


b0119466_23311570.jpg

2症例目、術前です。年配の男性です。かつてはヘビースモーカーでしたが今は吸っていません。
古い修復物をはずし、必要な抜歯等の初期治療を行うと、歯がとびとびに無くなり、入れ歯にするか、全体をひとまとめにつなぐか選択を迫られた症例です。
b0119466_23312758.jpg
術後です。上顎はメタルボンドセラミック冠のフルブリッジを、下顎は、前歯をセラミック冠修復し、奥歯は金属床義歯を選択されました。歯肉の状態も不安定だったので、初期治療に歯周治療もきちんと行いました。結果、安定はしていますが、1例目と同様、アタッチメントロスが生じて、歯の長さが長くなっています。現在でも注意深くメンテナンスを継続中です。

 1例目の術後と2例目の術後を比べると、とてもよく似ているのに気づきます。
メタルボンドセラミック冠は、プラークの付着が少なく、掃除がしやすく清潔なため、お二方とも大変喜んでいただいています。しかし、最善をつくしてはいますが、すでに大きく口腔内が破壊されてからの修復は、なかなか理想的な審美形態にはなりません。重症になる前の予防と、ていねいな修復とメンテナンスが本当に大切なことを教えてくれる症例です。


b0119466_23313857.jpg
3例目術前です。重症の歯周病の治療症例です。虫歯はほとんど無かったにもかかわらず、大きな修復を必要とした症例です。
b0119466_23314666.jpg

術後です。歯周治療を含め、治療に約3年を要しました。
この症例は、またいずれ改めて、その3年間の途中経過を報告したいと思います。

歯の病気の予防は感染のコントロールにつきます。
その根本は、毎日のブラッシングと、食習慣、生活習慣のコントロールです。
メンテナンスを早期に始めれば、決して難しい話でないんですが・・・・。

■メタルボンドセラミック冠    1本 94500円(税込み)~
by healthcarenews | 2010-09-24 00:38 | 審美治療・セラミック

歯科用CT・3DCTの導入について

今回、デジタル化に伴い、導入した歯科用CT・3DCTについて少しご紹介しておきましょう。

当院では、France trophy社の「トロフィーパン プラス」を導入しております。
b0119466_1163374.jpg


”ALARAの法則” をコンセプトに開発された「トロフィーパン プラス」は
低照射線量で高画質を実現した次世代の2D/3D、X線撮影装置です。

パノラマ撮影(2D)にて全顎の診査診断をおこない、主訴の細部診断をCT(3D)にておこないます。

実効照射時間は11秒で、従来の広視野3DCTレントゲンに比べ、放射線照射量が大幅に軽減されました。

撮影部位の放射線感受性により異なりますが、一般的なパノラマX線撮影に比べ、1/2~2倍程度です(フランス本国の実測調査による)。そのため、インプラントはもちろん、根管治療における経過観察など、複数回のレントゲン撮影も安心して行えます。

注)”ALARAの法則”とは

国際放射線防護委員会「防護の最適化」により提言されている法則です。

「As Low As Reasonable Achievable」

‥社会的、経済的要因を考慮しながら合理的かつ可能な限り被曝は少なくする‥
と言う事を意味しています。


従来の通常のレントゲンでは平面的な情報しか分かりませんが・・・
b0119466_1323559.jpg
歯科用CTでは3次元的な情報を把握することが可能となり、診断能力が飛躍的に向上します。
b0119466_1325155.jpg

例えば、従来のパノラマレントゲンだけでは見えなかった、痛みの原因歯の確定や、立体的な歯周病の進行度合いの診断も可能です。
また、顎の骨の中に埋もれている埋伏歯の位置の確定や、根っこの先の病巣の大きさの把握にも力を発揮します。
さらに、トロフィーパン プラスの最小分解能は0.076ミリであるため、歯の中の微小な神経の管の発見や、歯の亀裂の診断の助けにもなります。

インプラント手術においては、骨内の重要な神経や血管の距離を、コンピューター上で立体的に正確に測れるため、より安全で精度の高い、インプラント手術を行うことができます。
b0119466_1331074.jpg

まだ、導入して2ヶ月ですが、3DCTを撮影することで、診断が確定した症例が、すでにいくつも出てきています。もう場当たり的な、診断をする時代ではなくなってきているでしょう。
今後は、さらに素早く正確な診断のために、3DCTの有用性は高まってくると思っています。
by healthcarenews | 2010-09-23 01:55 | 歯科用CT・3DCT

進化の歴史がまた1ページ 4 ~X線システムデジタル化~

この夏、とうとう、というか、懸案の、というか、院内のレントゲンシステムをデジタル化に踏み切りました。

デジタルレントゲンには
1.X線被爆量を少なくすることができる(従来型の1/3から1/10)
2.劣化のない鮮明な画像を得ることができる
3.データの保存、転送が簡単
4.現像液等の廃液が出ないため、環境に優しい
など、数々のメリットがあります。

まずは古いパノラマレントゲンの機械を撤去です。
b0119466_2343359.jpg

17年働いた、歯科用パノラマレントゲン装置。口の中全体を一望できる優れものでした。
しかし、時代と技術の進歩にはかないません。
b0119466_2365369.jpg

こう見ていると17年前、この機械が入ったときすごく嬉しかったのを思い出しました。
まだ、現役ばりばりで使えるのになあ。なんか、少し寂しい。でも、診療技術と精度の向上のためです。
長い間ご苦労様でした。
偶然にも、この機械を設置した人と同じ人が、撤去と新しい機械の設置に来てくれました。
b0119466_2371038.jpg
撮影精度をさらに上げるために、床と壁を補強を施します。床や壁の振動が、画像の精度を落としてしまうからです。もちろん、レントゲン室の壁、床、天井は、鉛で完全にシールドされています。
b0119466_2325141.jpg

新しい機械です。トロフィパンプラスと呼ばれる、パノラマレントゲン(2D)だけでなく歯科用CT(3D)も撮影できる最新鋭機器です。
ついでに、口腔内用の小型レントゲン撮影機も一新しました。
b0119466_015168.jpg
X線の被爆量も低減し、撮影精度もさらに上がりました。
b0119466_091643.jpg

画像撮影用サーバーです。ここで、パノラマとCTの撮影をコントロールします。
ここを中心に、受け付け用も含め、6台のコンピューターと7台のモニターがリンクする一大システムになっています。院内には、待合室のテレビも含めると液晶モニターが12台!
私が、大学を卒業してすぐ、父の診療室には、1台のコンピュータもありませんでした。
時代は変わったもんです。CTに関しては、また改めてご紹介しますね。
by healthcarenews | 2010-09-22 23:32 | 山本歯科ツアー

さよならブラウン管テレビ

長年、待合室で使っていたテレビが、いよいよさよならの日を迎えました。

もちろん、ご存知のように2011年7月のアナログ放送終了に対応するためです。
b0119466_23471441.jpg

こう見ると、やっぱりでかいなあ!
他のテレビは地デジ化は済んでいるのですが、唯一待合室のテレビだけが、対策を迷っていました。

それは、院内改装の際、こんな日が来ることをまるで予測できずに、25インチのブラウン管テレビにぴったり合わせて、テレビスペースを作ってしまったからです。当時限られた待合室スペースを有効に生かすため、一生懸命考えたスペース配分がアダになってしまいました。当時の25インチテレビは横幅約65センチ。この幅さえ取っておけば、テレビが替わっても問題ないと考えておりました。しかーし、こんなに幅広テレビになるなんて!

スペースの内寸はちょうど65センチ。22型液晶なら問題なく入ります。しかし、25型から比べるとちょっと小さい。26型をいろいろ探しましたが、大体横幅65.5~67センチぐらいがほとんどなのです。24型とかはないし、あと5ミリってところが、どうしてもあきらめきれずに、まあこの年末あたりを目処にゆっくり考えればいいと思っておりました。最悪、地デジチューナーもあり、と覚悟して。

でも、待てば海路の日和あり。出てくるもんです。
横幅ジャスト65センチ。価格も5万を切って、エコポイントまで付いて。
これを見逃す手はありません。

もう計った以上にぴったり。
どころか、入れるとき、キキーーっとちょっといやな音がしましたが、気にしない気にしない。
b0119466_23473123.jpg

点けてみたところです。
b0119466_2348458.jpg

写真では、少し暗いですが、十分綺麗に写ります。

ただし、電源、チャンネル、音量調節が、横についていたため、このままではまったく調整できません(笑)。
リモコン頼りになりますので、どうぞ、患者様で、チャンネル、音量調整希望の方は、遠慮なく受付までお申し付けくださいませ(謝)。
by healthcarenews | 2010-09-21 00:07 | 山本歯科ツアー

貴方の健康の舵取りを。堺市北区中長尾町、山本歯科医院の歯科に関する情報のページです。


by healthcarenews
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite