ヘルスケア通信

newshealth.exblog.jp ブログトップ | ログイン

<   2011年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

レジンダイレクトベニヤの1症例

 まずは、この2枚の写真をご覧ください。もちろん初診時と術後の写真です。
どこがどう変わったのか?一見しただけでは判らないと思います。
b0119466_23182994.jpg

b0119466_23183950.jpg

もちろん、いつも通りクリーニング・除菌処置も行なっていますので、歯肉の状態も含め、綺麗にはなっています。
しかし、上と下の写真にはあまり目立ちませんが、大きな違いがあります。
それこそ、この患者様を長らく悩ましてきたものなのです。

 患者様は、30代女性。
下顎がやや受け口になっていたため、下の歯にスキマが開いていて、はじめはそれで悩んでいました。
それを、とある歯科医院に相談したところ、初診時のような治療をしてくれました。

拡大写真です。
b0119466_23342570.jpg

 下の前歯4本のスキマを歯科用接着剤で埋めてあります。ごていねいに4本繋いでしまっているのです。
治療は、ごく簡単で結構です。患者様もはじめは喜んだかもしれません。
一見して判らないし、すぐには結果が出ないので、こういう治療をしたくなる気持ちはわからないではありません。
 しかし、歯をつなぐ、と言うことは、事はそう簡単ではありません。歯にはいつも強い力がかかるからです。

 先ほど書いたように、少し受け口のこの患者様の歯には、常に開こうする力がかかっています。
セメントでつないだ部分は、それこそあっという間に壊れたでしょう。
 しかし、もともと清掃性なんて考えて治療してありませんから、壊れたスキマにはいつも食べかすが挟まってきます。掃除をしたくても、歯ブラシも届かず、糸ようじも入りません。セメントも、日にちが経つと茶色く変色してきます。
 やがて、歯肉は炎症を起こし、口臭も出てきました。
患者様は、また別の悩みを抱えることになったのです。

 術後の拡大写真です。
b0119466_23343824.jpg

 歯を1本1本、独立させ、レジンダイレクトベニヤを用いて修復しました。
バラバラに独立させたことで、歯の生理的な動きも妨げることがありません。

 治療時に、歯周治療もしっかり行なったので、歯肉も健康を回復しています。
術後のメンテナンス性、清掃性は、最も大事な部分ですので、糸ようじもキチンと通るように修復してあります。
 もちろん、プラスチック修復ですから、硬いもの噛んだりした時に、壊れる可能性があることは、了解を頂いています。しかし、4本いっぺんにバラバラになることはありませんので、その修復も簡単です。

 改めて術後の写真をご覧ください。
b0119466_23183950.jpg

色調もよく合っており、大変喜んでいただきました。
by healthcarenews | 2011-10-27 23:21 | 虫歯治療・MI治療

臨時休診のお知らせ

 来る、平成23年10月17日 月曜日は、都合により終日臨時休診いたします。

尚、代診として平成23年10月19日水曜日を午前中のみ診療いたします。

あしからずご了承ください。       山本歯科医院 山本憲二
by healthcarenews | 2011-10-15 01:25 | お知らせ

虫歯治療の奥の手 - 移植という選択 -

 この症例が、どのカテゴリーに入るのか、当初おおいに悩みました・・・。
きっと虫歯治療の奥の手・・・うっちゃり技でしょう。今回のテーマは「歯の移植」です。

 患者様は40代女性。
左下奥歯が痛いと来院なさいました。
当初、他院にかかっておられましたが、いまいち意見が噛み合わず当院へ・・・。
 初診時の写真です。
b0119466_233941.jpg

 左下奥から2番目、いわゆる12歳臼歯(第2大臼歯)に大きな虫歯ができています。その奥からは親知らずも顔を出しています。その周辺の歯肉も炎症を起こして腫れて、見るからに痛そうです。次はレントゲン写真です。
b0119466_22253217.jpg

 ううむ、奥から2番目の歯に、見事な大きな穴が開いています。中はボロボロで、残念ながらこの歯は抜かなければなりません。
 しかし、ここで問題です。抜くにしても、奥の親知らずが引っかかって、そのままでは簡単に抜けそうもありません。この親知らずも、ななめに低い位置に半分埋まっているため、このままでは使い物になりません。
 こんな場合、一番簡単な方法は、2本とも抜くことです・・・。しかし、そうすると、この患者様は、奥歯を2本、いっぺんに失うことになります・・・。
 前の歯科医院と意見が合わなかったのも、このあたりが原因かもしれません。

 さて、どうしたものか・・・・。思案しながらレントゲン写真を眺めていましたが、ふともう一つの選択肢を思い出しました・・・・・移植です。

 よく見ると、この患者様の場合、親知らずと第2大臼歯の歯の形がよく似ています。(第1大臼歯はまったく形が違います)
根の部分の、骨の形さえ合えば、歯は植え替えても結構くっつくものなのです。
虫歯治療の奥の手、裏ワザ、うっちゃり技、呼び名はなんでも、とりあえず、親知らずを、虫歯になった第2大臼歯の部分に植え替えることにしました。

 ここで、患者様には、しっかりカウンセリング。
移植は有効な選択肢ですが、必ず生着するとは限りません。無駄手間になる可能性もあります。
しかし、同時に2本抜歯になるよりは、試してみる価値のある治療、ということで納得してもらいました。

 念のため、3DCTも撮影。歯の形を立体的に確認します。炎症は大きいですが、骨の形は合いそうです(上側の黄丸)。ついでに下顎の大動脈と神経の位置も確認しておきます(下側の小さな黄丸)。手術中これを傷つけると大変なことになります。しかし、十分距離があるので、大丈夫そうです。この安全確認がCTの良いところです。
b0119466_23404916.jpg


手順としては、まず親知らずの抜歯。これを抜かないと第2大臼歯がきれいに抜けません。抜いた親知らずは
冷やした滅菌生理食塩水の中で一時保存です。(残念ながら、一刻を争うため、抜いた親知らずの写真はありません・・・。)親知らずを保存したら、すぐに第2大臼歯を抜歯。抜いた第2大臼歯の跡に、先ほど抜いた親知らずを移植します。なるべく根っこを触らないように、感染をおこさないように、ていねいに移植していきます。

 直感どおり、まるで、あつらえたかのように、親知らずが第2大臼歯の位置に収まりました。
術直後のレントゲン写真です。移植歯を固定するためのワイヤーが白く写っています。まあギプスみたいなものです。
b0119466_2341257.jpg

 抜いた第2大臼歯です。中もボロボロでした。
b0119466_2339154.jpg


 移植をすると、中の神経は死んでしまうため2週間ほどして、根っこの治療をいます。
そのころの口腔内写真です。初診時の写真と比較してみて下さい。
b0119466_23392739.jpg


 根っこの治療終了時のレントゲン写真。経過は良好に推移しています。
b0119466_23411383.jpg


 移植が成功するためには、いろいろな条件が合う必要があります。必ずしも、万能の治療法ではありませんが、今回のケースの場合は、条件がドンピシャはまり、喜んで頂ける治療になったと思います。
今後とも、綿密な経過観察を行っていきたいと思います。
by healthcarenews | 2011-10-03 01:01 | 歯の外傷(ケガ)・移植・再植

貴方の健康の舵取りを。堺市北区中長尾町、山本歯科医院の歯科に関する情報のページです。


by healthcarenews
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite