ヘルスケア通信

newshealth.exblog.jp ブログトップ | ログイン

<   2012年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

年末年始休暇のお知らせ

年末年始は、平成24年12月29日~平成25年1月4日まで休診させて頂きます。
年始は1月5日から診療です。ご了承下さい。         当院
by healthcarenews | 2012-12-22 12:48 | お知らせ

仮歯を用いた長期治療期間中の審美回復について

 今回は、「仮歯を用いた長期治療期間中の審美回復について」、という長たらしいタイトルを付けましたが、
要は、「うちは、治療に時間がかかるため、治療期間中は、基本的には、仮歯をちゃんと入れますよ!」って話です。

 まずは初診時をご覧下さい。
b0119466_2128716.jpg
見事に前歯が無くなっています。他院で、何回付けてもらってもすぐハズれる、と紹介で来院なさいました。
 こういう場合、まずはその原因を見つけることから治療がはじまります・・・、てか、原因は単純そのものでした。
下の写真をご覧下さい。初診時、左右両側から撮った写真です。
下の奥歯がありません。入れ歯は入っていたのですが、すり減って、ほとんど噛み合っていませんでした。
b0119466_21282248.jpg
b0119466_21282922.jpg

こういう場合、患者様は前歯ばかりで噛もうとするので、もうお約束のように、十中八九、上の前歯がやられてしまいます。前歯は、咬み合せを支えるような構造にはなっていないのです。

下の写真は、折れた前歯を下から見たところです。虫歯でドロドロです。
b0119466_21283643.jpg

取れた前歯も見ていただきましょう。歯の大きさに対して、細く短い芯棒が入っています。これでは、咬み合せを支えることはできません。それにどうやらこの方には、歯ぎしりの癖がありそうです。
こうなると、かなりの難症例になります。慎重に構えていかなければなりません。時間がかかりそうです。
b0119466_21395133.jpg


 さて、まずは仮歯を作ります。歯周病と、前歯の虫歯治療の初期治療だけでかなり時間がかかります。
もう、今の時代、治療中、前歯が無いなんて、絶対許されません。
 
b0119466_2341470.jpg

 とりあえず、大至急、外れた前歯と入れ歯を利用して仮歯を作りました。
それだけでは弱いので、奥の方の歯も、かぶせ物を外して仮歯に変えて補強してあります。

 下は、初期治療終了時。6ヶ月後の写真です。
b0119466_2384360.jpg

 歯周病の治療と、ドロドロの前歯を治療し、十分な長さの芯棒を入れるだけで、かなりの時間がかかってしまいました(汗)。
 しかし、まだまだ不安定です。度々、仮歯を噛み割って来られますし、左上の犬歯と小臼歯が、いつもブヨブヨ腫れています。

 これも、典型的な歯ぎしりがある方の症状です。左上の犬歯小臼歯には、ヒビが入っているようです。そう言えば、前歯が無いときは、そこだけで噛んでいました。

 ヒビが入った歯は、遅かれ早かれダメになります。かぶせてしまってからでは、後が大変なので、かなり悩みましたが、あきらめて早期に抜歯することにしました。
b0119466_2313523.jpg

抜歯跡も治癒し、さらに左奥の歯の土台もできました。いよいよ治療は終盤です。

 ここで、念の為に仮歯を新調することに・・・。仮歯の賞味期限は大体半年から長くて1年です。それを超えるとプラスチックが劣化を始め、ポロポロ割れてくるようになります。また、最終的に入る歯の、噛み合わせや形を、より理想的にするためにも、仮歯で、最後の修正をしていく事があります。
b0119466_23131327.jpg
最初に、応急処置で入れた仮歯に較べて、形態も美しく仕上がっています。しっかりした入れ歯も入り、咬み合せも安定しました。

 治療終了時。初診時より13ヶ月。術後の写真です。
b0119466_23134282.jpg

 上の歯は、前歯ばかりに負担がかかるのを分散するため、奥歯まで伸びた大きなブリッジを選択しました。
下の前歯も、上への負荷を減らすため、十分に噛み合わせの調整をしてあります。

 それでも、正直、薄氷を踏むような治療だと思っています。歯の破折は、怪我のようなものです。いつ起こるかわかりません。残っている上の前歯は、それほど悪い状態だったのです。

 もし、その前歯をあきらめて、入れ歯にしてしまえば、治療期間は半分以下だったでしょう。
しかし、そうなれば、上には、総入れ歯に近い、大きな入れ歯が入ることになります。
下の奥歯だけの入れ歯と較べて、QOL(生活の質)に大きな違いが出るでしょう。

 術前に、そのあたりもしっかりカウンセリングした上で、理解していただき、この患者様は13ヶ月間ついてきて下さいました。お疲れ様でした。
 いまは、少しでも長くこの歯が使えるように、しっかりメンテナンスした上で、この歯と上手に付き合って頂きたいと思っています。
 
by healthcarenews | 2012-12-09 21:46 | 審美治療・セラミック

貴方の健康の舵取りを。堺市北区中長尾町、山本歯科医院の歯科に関する情報のページです。


by healthcarenews
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite