ヘルスケア通信

newshealth.exblog.jp ブログトップ | ログイン

<   2013年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

キーワードは、インプラントor ブリッジ、スモーカー、仮歯。

 今回は、久しぶりの症例紹介です。
症例紹介もずいぶんたまっています(汗)。
季節も良くなって、でも最近はすぐ暑くなるんで、暑くなりすぎる前に紹介しとかなくっちゃ(笑)。

と、言うわけで、今回の症例のキーワードはインプラントor ブリッジ、そしてスモーカー、仮歯、です。

 初診時の写真をご覧下さい。
b0119466_23193861.jpg

 初診時、約5年前。23歳女性。主訴は・・・。見ればわかりますね。前歯が折れました。原因は深い虫歯です。
 隣の歯にも虫歯がありますが、これくらいなら、そのうち歯医者に行こう、そのうち行こう、と思っているうちに、ズルズル放置するのは、良くある話です。 
 でも今回は、前歯がポキリ!、と折れました。これはさすがに23歳の女性には耐えられないですね。その日のうちに飛び込んでこられました。

 まずは、応急的にでも、審美回復することが、とりあえずの患者様の望みです。
ここで、折れた歯のとなりの歯が、大きな虫歯にでもなっていたら、有無を言わずに削って仮歯を入れたのですが、幸か不幸かまったく虫歯のない健康な歯でしたので、削ることを避けて、大至急、仮の入れ歯を作ることにしました。(残念ながら、この入れ歯の写真は記録していませんでした(汗)。)

 さて、ここからが、時間のかかる、根気のいる治療になりました。
仮歯が落ち着いたせいか、ポツポツと患者様の来院が途絶えるのです。

 治療法の選択も問題になりました。
治療法の選択のキーは、中央の健康な歯をどうするか?と、いうことに尽きました。
折れた歯は、もう根っこから折れていましたので、抜くしかありませんでした。
 あとは、健康な歯を削らずにインプラントを選択するか、削ってブリッジにするか・・・?本当に悩ましい選択です。できたら健康な歯は削りたくないのが本音ですが、今回はその両横に、大きな虫歯があります。この歯の治療も視野に入れなければなりません。インプラントにプラス、その両横をセラミックにすると、かなり高額の治療費になります。
 それとスモーカー。タバコは歯肉の血流を悪くするため、インプラントの予後に影響すると言われています。
患者様のコンプライアンス(アドヒアランス)も、十分考慮に入れなければなりません。

とりあえず、折れた歯は抜歯して、私も患者様も、大いに悩みながら、ゆっくり傷の治癒を待ちました。

 結論から言うと、結局ブリッジを選択することになりました。
健康な歯を1本削る結果にはなりますが、コストとリスクのバランスを考えると、妥当な選択と言えると思います。
両横の歯を治療して、今度はブリッジの仮歯を入れます。仮歯の段階で、咬み合せと形態のバランスをしっかりチェックしておきます。糸切り歯に歯ぎしりの跡があるので、術後の咬み合せにも注意が必要です。
b0119466_23202744.jpg
下は仮歯の写真です。
b0119466_2320852.jpg


 下は術後です。
メタルボンドセラミッククラウンを4本つないだブリッジを入れました。
奥の天然歯よりわずかに色調を明るくしましたが、違和感なくバランスが取れていると思います。抜歯したところと歯の根が有るところでは、歯の長さが変わる場合もあるのですが、このケースでは、キチンと同じ長さにそろえました。残念ながらスモーキングが残っているので、歯肉にメラニン沈着が起こっていて、やや審美性を損ねている感があります。ただ、これは禁煙していただくと5年ぐらいで回復をする可能性があります。

b0119466_23195512.jpg

改めて記録を見直すと、なんだかんだ言って2年以上治療期間がかかっていました(汗)。
仮歯をきちんと入れてしまうことの欠点と言えると思います。仮歯で、とりあえず審美回復されると、治療が進まなくなる時がたまにありますね(笑)。

喫煙は、歯肉の血流を悪くして、抵抗性を落とします。歯肉が薄くなって、感染しやすくなったり、治癒が遅れたりもします。またメラニンの沈着が起こって、見た目もおおいに損ねます。
タバコを吸いながらのアンチエイジングなんてナンセンス!
良く言われ尽くされていますが、タバコは「百害あって一利なし」なのです。
by healthcarenews | 2013-04-15 00:46 | 審美治療・セラミック

貴方の健康の舵取りを。堺市北区中長尾町、山本歯科医院の歯科に関する情報のページです。


by healthcarenews
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite