ヘルスケア通信

newshealth.exblog.jp ブログトップ | ログイン

<   2013年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

あるクリスマスイブの出来事~歯の外傷~

 今回は、2010年12月24日、クリスマスイブの午後に起きた出来事の話です。

 まずはレントゲンをご覧下さい。
b0119466_1911488.jpg

黄色い丸の中、歯が2本ありません。

 患者様は、当時7歳の男の子。自宅で遊んでいて、階段から落ちて口を強打し、生えたばかりの下の永久歯の前歯2本が、抜け落ちてしまいました。

 階段の下は血まみれ。子供も口から、だらだら血を流しながら、抜けた2本の歯はお母さんが手にしっかり握りしめて、まさに血相を変えて飛び込んで来られました。

 ですから、初診時の口の中の写真は、今回はありません。
お母さんも完全にパニクってしまっていますし、こちらも痛がっている子供の口の中の写真を撮るような、悠長なことをしている暇はありません。処置は一刻を争います。

 その時いらしていた患者様にはおわびをして、応急処置で済ませ、スペースを開けます。
そしてまず、お口の中以外に大きなケガがないのを確認してから、抜けた歯を、冷やした滅菌生理食塩水に浸け、洗浄と冷却をします。冷やしておくと組織の破壊を遅くすることができるからです。

 それから、傷の中に折れた歯の根っこが残ってないか、レントゲンを撮ります。これが最初にお見せしたレントゲンです。

 幸い、根っこは折れていないようでしたので、麻酔をして、抜けた傷口を生理食塩水で良く洗浄し、抜けた歯を元通りに復位し、傷口を縫合後、ワイヤーを曲げて、歯をつないで固定をします。細菌の感染が無ければ、歯の移植ができるのと同様、歯は意外とくっつくのです。若い生命力に期待したいと思います。

 下は、術直後。出血も止まったので、全体の大きなレントゲンを撮らせて頂きました。抜けた2本は、大体、正常な隣の歯と同じ位置に植え直しできています。横に走る白い線は、固定用のワイヤーです(黄色い丸内)。
b0119466_1922032.jpg

麻酔はまだ効いていますが、出血も止まり、痛みも取れて、男の子はケロリとしています。
お母さんは、ホッとしたのか、体の力が抜けて一言。「もう、なんてクリスマスでしょ!」。

 下は術後3週間後の写真です。年が明け、縫合した糸も抜いて、傷口もやや落ち着いてきたところで、初めてお口の中の写真を撮らせていただきました。後は待つだけです。(上の歯は、ケガで抜けたのではありませんよ。まだ生えてないだけです(笑)。)
b0119466_19335016.jpg

 術後1ヶ月 レントゲンを撮ってみました。
ケガをしたところで、歯の根っこに段差ができています。根っこは成長はしているみたいですが、うまく生着するでしょうか?
b0119466_1922211.jpg


 下は術後2ヶ月。ワイヤーを除去します。これ以上固定すると、歯の成長の邪魔になるからです。ドキドキしましたが、とりあえず無事に付いているようです。
b0119466_19373138.jpg

 その時の、レントゲン写真です。ポロリと、歯は取れてはきませんでしたが、段差は前より大きくなったみたい?このまま成長が止まるのでしょうか?心配です。
b0119466_19204353.jpg


 術後3ヶ月目のお口の中の写真です。時々、歯ぐきが腫れて、ひやりとさせますが、だんだん歯肉も安定してきました。
b0119466_19443813.jpg

 
 術後5ヶ月目のレントゲン。段差は残っていますが、あきらかに歯が成長を見せています。
どうやら成功のようです。
b0119466_19241697.jpg


 術後7ヶ月目のレントゲン写真とその下はお口の中の写真です。歯も問題なく伸びてきて、根っこも順調に成長しています。全体としての歯の形が完成してきました。(上の歯も生えてきました。)
b0119466_19244215.jpg
b0119466_1941266.jpg



 術後9ヶ月目の全体のレントゲン写真です。前歯の永久歯4本が、ほぼ同じ形で成長してきています。ケガによる障害や、後遺症は今のところ見られません。そろそろ、ひと安心かなあ。
b0119466_19243628.jpg


 下は、術後1年6ヶ月後の口腔内写真です。
b0119466_19411892.jpg

下の前歯4本、上の前歯も4本、大体そろってきました。
ケガした歯にも、痛みはもちろん変色や動揺もなく、普通に噛めて機能しています。
あー、良かった良かった(^_^;)。

 クリスマスに思わぬトラブルに見舞われた患者様でしたが、今回はなんとか無事に2本の歯を守ることができました・・・。ただ、実際のところ、一度大きな外傷を経験した歯は、のちのち思わぬ転帰を取ることもあります。幸い、この子は、このあとも定期的なメンテナンスをしっかり続けてくれています。今後とも注意深く、この歯を見守っていきたいと思っています。

 
 最後になりますが、この話には後日談があります。
実は、この男の子には、アトピー性皮膚炎があったそうです。お母さんは必死になって、毎晩風呂に入れ、ゴシゴシ洗ってたのに、洗っても洗ってもアトピーは治らなかったそうです。
 ところが、このケガで、お母さんは怖くって、ケガしてから1週間、お風呂に入れなかったそうです。
そしたら、ケロッとアトピーが治ったそうです!・・・・・・・・洗いすぎだったんですねー(笑)。

 実は、これがお母さんに対するクリスマスプレゼントだったんですねー。
ほんっとに良かった(笑)!

 
by healthcarenews | 2013-05-08 19:48 | 歯の外傷(ケガ)・移植・再植

貴方の健康の舵取りを。堺市北区中長尾町、山本歯科医院の歯科に関する情報のページです。


by healthcarenews
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite