ヘルスケア通信

newshealth.exblog.jp ブログトップ | ログイン

<   2013年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

できるだけ痛くない治療のために・4

 できるだけ痛くない、つらくない治療のために・・・、第4話です。
 皆さんの中には、歯の治療時、金属のかぶせやブリッジ、詰め物を取るときに、すごく時間がかかって、しんどい思いをした方がいらっしゃるのではないでしょうか?
 
 いや、逆の立場で言わせてもらうと、僕たちは度々経験しています・・・。なにげに外しかけた金属が、思ったより硬かったり、分厚かったり・・・・。ここで手間取ると、結構汗をかいたりします・・・。

 ここを、できるだけ患者様が痛くないよう、つらくないようにするにはどうすれば良いか・・・・。
答えは簡単、できるだけ新しいドリルを使って、早く済ませてあげることなのです・・・・・。

 今回は、歯を削る刃物、「ドリル」とか「バー」とか呼んでいる道具の話をしましょう。
ちょっと専門的な話になりますが、お口の中にある金属を削って取り除くときは、タービンと呼ばれる機械の先に、必要に応じてドリルを付け替えながら削っていきます。
 これには、大きく分けて、つぎの2種類のドリルを使います。
まず1つ目がこちら、カーバイトバー、と呼ばれる、金属の刃物がついた道具です。
b0119466_0215986.jpg

これは、文字通り、「ドリル」です。金属を刃物で切り裂きながら削っていきます。
(太く見えますが、12.5倍の拡大です。実際は直径1ミリもありません。ご安心下さい。)

 2つ目は、ドリルの先に、研磨用のダイヤモンドをまぶした、ダイヤモンドバー、と呼ばれる物です。
b0119466_0252323.jpg

いわば、これはヤスリと同じ働きをします。金属の表面をヤスリがけしながら削っていくのです。

 性能は、それぞれ一長一短があります。
スピードで言うなら、金属ドリル(カーバイトバー)が、圧倒的に早く削れます。しかし、目が荒いため、時々振動が大きくなるのと、金属を金属で削るため、すぐ折れたり、劣化したりすることが欠点です。
 ダイヤモンドバーの方は、ヤスリですので、振動はあまりありません。ドリルの劣化も、カーバイトバーに比べれば少なく、経済的といえば経済的。しかしこれだけで金属を削ってしまうには、時間がかかりすぎてしまいます。これは、主には歯の仕上げ削りに使う道具なのです・・・。

 当院では、両者の特徴を見極めて使い分けていますが、主には、スピード重視でできるだけ新しいカーバイトバーを使っています。じつは、これが今日のテーマなのです・・。

 下の写真を御覧ください。
数回使用、滅菌を繰り返したカーバイトバー(向かって左側)と新品を比較してみました・・・。
b0119466_1243135.jpg

カーバイトバーとはいえ、ここまで劣化すれば、もうほとんど切れません。時間ばかりかかることになります・・・。

 まあ、上の写真は極端な例ですが、経験的に言わせてもらえば、カーバイトバーの再使用は多くて2~3回が限度でしょう。1回でダメになって廃棄することも良くありますし、時には、折れたりして2.3本必要になることもあります。

 カーバイトバーの費用は1本あたり約150円。かぶせの除去の料金は保険診療で1本あたり約300円ですので2本折れたら、もう金属の除去費用はパーです(汗)。

 それでも、新しいバーの使用はやめられません・・・。例え経済的に割が合わなくても、全然良いのです・・・。その費用で買っているもの・・・、それは、時間と、少しでも患者様の苦痛を減らすこと、それと、僕のストレス減少だからです。
by healthcarenews | 2013-12-31 01:53 | 無痛治療・痛くない治療

メリー・クリスマス!

b0119466_2329479.jpg

by healthcarenews | 2013-12-25 23:29 | 最近のあれこれ

マイクロスコープ降臨!

 平成25年12月下旬。まあ、つい先日ですが、とうとう我が医院にもマイクロスコープがやってきました!
 ドイツの光学器械メーカー、ライカ社の最新型マイクロスコープ、M320です。
最新のフルハイビジョンカメラ搭載で12月21日発売!ですから、フルハイビジョンカメラ搭載モデルとしては、日本初上陸。日本導入第1号機です!

 まずは、どんなものかっていう写真を一枚。
b0119466_1934155.jpg

 ご覧になって判るように、双眼鏡のような覗き窓(接眼レンズ)が2つ見えます。
要は、ここから覗いて、患部を拡大して、より精密な治療を行うためのツールで、いわゆる手術用顕微鏡の一種です。3.2倍~20倍まで拡大でき、これを使って行う治療は、顕微鏡歯科とも顕微鏡治療とも呼ばれています。

 全体像は、こんな感じ・・・・・。
b0119466_1932072.jpg

向かいに置いてある液晶テレビに、リアルタイムで拡大像を写すことができる他、静止画や動画を記録することもできます。
b0119466_20502969.jpg

 まあ、内容に関しては細かく書くよりも、リンクを張っておきます。興味の有る方は御覧ください。
・ライカHP
・顕微鏡歯科.com
・根管治療専門医ブログ

 まあ、今年は年頭から、この仕事に没頭していました(汗)。
「根管治療」と呼ばれる歯の根っこの治療を、最新の学問と技術の進化に合わせてアップデートしようとしていたのです。
 そのため、複数のセミナーに通い、大学図書館で借りて読んだ本も10冊以上・・・・。あー疲れた!
ブログがなかなか更新できなかったのも、こんなところに一因が・・・・ははは(笑)。まあ、そういうことにしておいて下さい・・・。
まあ、根管治療については、またいつか詳しく・・・・。

 大変だったのは、機械の選定でした。
とにかく安い機械ではありませんし、それぞれ一長一短があって、とりあえずデモ機を借りてみて、覗いてみないと、相性はわかりません・・・。
 
 まず、借りた最初のマイクロスコープは、白鵬という会社が扱っている、プロスペクトコンパクトというモデル(写真なしm(_ _)m)。
なにげにこれを借りたのが運の尽き・・・。今まで見えなかったものが見えます。一発でハマってしまいました。
 
 次が、同じくドイツの光学器械メーカー、カールツアイスの機械。ライカもツアイスもカメラでは世界的に有名です。
b0119466_21162183.jpg

 まだ、借り物なので、いかにも置いてあるだけって感じです。
ライカに較べると、なんとなく無骨。確かに手術用って感じですが、ヘッドも足元もやや大きく、少し普段の診療には邪魔になります。これには、内蔵のライトがハロゲンライトとLEDライトの2種類の機種があって、それぞれ1週間ずつ借りました。
 
 今回導入した、ライカのM320にも2種類あって、旧型のハイビジョンカメラ搭載モデルは、この頃1週間ほど使ってみました。

 次に借りたのは、ヨシダが扱っているプリマDNTというモデル。これもヘッドと足元がデカい。
b0119466_21261984.jpg


 そして、同じくヨシダ扱いのメーラー社アレグラ330(これも写真なしm(_ _)m)。これはもっとデカかった。

 結局、計7台を借りて試しました。
機械が変われば、それぞれ設置の仕方や扱いが変わるんで、慣れるまでが大変!
でも、今年、一気にいろいろなモデルを借りて試したので、マイクロの扱いそのものにかなり慣れることができました。

 
 それで、最後に決定したのが冒頭のモデル。
性能もデザインも申し分なしです・・・。

 これで、何ができるのか・・・。正直な所、それはこれからだと思っています。
拡大してよく見える分、治療の時間もかかるため、患者様の負担も増えます(長い間、口を開けておかなければなりません・・・(汗))。

 でも、マイクロスコープが無いとできない治療があるのも事実。
早く、習熟して、患者様のために少しでも有益な治療が行えたらと思っています。

 最後に、このモデルは本来12月21日発売の物なので、すぐに発注したとしても、船便に乗って約1ヶ月はかかり、来年1月末頃の納品になるものと諦めていました・・・。
 しかし、ディーラーさんのご厚意で、デモ用として注文されていた最新モデルを、すぐに納入して頂くことができました。それも日本初上陸、日本導入第一号のオマケ付きになりました。
このマイクロは、僕にとって、最高のクリスマスプレゼントになりました(笑)。
ありがとうございました。
by healthcarenews | 2013-12-23 19:38 | マイクロスコープ・根管治療

重度の歯周病を歯周外科にて治療してセラミック修復を行った症例

 「お年寄りから若者まで、審美治療の理由は様々」の第3話、今回は、少し若い方にご登場願いましょう。重度の歯周病を、歯周外科にて治療してセラミック修復を行った症例です。

 患者様は30代女性。まずは初診時の写真をご覧下さい。
b0119466_23513712.jpg

歯周病が気になる、そして前歯も治して欲しい、ということでお見えになりました・・・。

 たしかに、右下の歯ぐきがブヨブヨで、真っ赤に腫れています。歯石も大量に付着していて、出血もありそうです。歯並びが悪いのを、無理やりかぶせて治したような治療です。あとのお手入れの事を何にも考えずにかぶせてあるので、ひどい歯周炎を起こしてしまいました・・・。左下(向かって右側)糸切り歯の歯ぐきの付け根のところにも、おできみたいなデキモノがあります。

 左右を見てみましょう。
b0119466_1853097.jpg
右下の歯の付け根に黒く付いているのは虫歯ではなく、多量の病的歯石です。歯石はバイ菌の巣ですから、これが原因で歯周病を起こしています。
b0119466_1854247.jpg

左下のおできは、歯の根っこの治療が十分でなく、歯の根の先にバイ菌が巣を作って、膿んでいるところです。ここも待ったなしの治療が必要です。このような感染巣は、病巣感染といって、体のその他の臓器、たとえば腎臓とかに毒素がまわり、思わぬ病気を引き起こします。

b0119466_18172297.jpg

 かぶせを外し、治療に障害のある歯は抜歯、病的歯石や、感染巣も徹底的に取り除きました。左下の糸切り歯も、根っこの再治療をきちんと行いました。術後、「おでき」も消失しました。
b0119466_18173467.jpg

 もちろん、歯を外してそのまま、という訳はありません。外すと同時に、きちんと仮歯を入れ、治療の進行に合わせて形を修正していきます。あくまで仮の歯でかありますが、歯ぐきの治癒を待つ間、そうすることにより、最終にかぶせる歯の形を患者様の希望の形に修正したり、噛み合わせを確認することもできます。

 さて、改めて、術前、術後をご覧いただきましょう。
術前です。
b0119466_18323921.jpg
術後正面です。
b0119466_18282919.jpg
術前、ふぞろいだった 歯の長さを、できるだけ揃えました。しかし、右上の1本だけ、歯周病の進行がひどく、どうしても長い歯にならざるを得ませんでした。しかし、この位置は、普段笑うくらいでは見えない位置なので、支障はないと思います。歯ぐきの炎症も治まり、明るい綺麗な色の歯ぐきになりました。

 左右像です。
b0119466_18283962.jpg
b0119466_18284953.jpg

微かに歯を見せて笑っていただきました。歯の長い部分は少々大きく口を開けても見えません。
b0119466_0343242.jpg
 
下口唇や、天然歯との並び方や色調のバランスも良く、違和感なく収まっています。

 あとは、奥歯の治療が残っています。
もちろん奥歯まで、セラミックで綺麗にすることは簡単ですが、コストの問題もあります。
このあたりは、患者様の希望に合わせて、あわてずに治療していけばいいと思います。

なにより、この新しい歯を、末永く大事にしていただきたいと思います。
by healthcarenews | 2013-12-23 18:43 | 審美治療・セラミック

できるだけ痛くない治療のために・3

 今回は、痛くない、つらくない治療のための当院の工夫をご紹介したいと思います。

 皆様ご存知のように、お口の中は、とても敏感な部分です。

 ですから、お口の中を触るときは、できるだけていねいに器具操作をすることが基本中の基本ですが、治療によってはどうしても、無痛治療のために麻酔が必要になる時があります。

 そこで問題になるのが、どうしたら麻酔を痛くなく上手に打てるか、ということなります。

 そのために行っている対策ですが・・・、、
まず、1.麻酔軟膏を用いて、針が入る粘膜を麻痺させる。
次に、2.麻酔液ばかりでなく、注射器そのものも温めて、刺入時の刺激をやわらげる。

 そして、その次に来るのが、注射針の問題です。

 下の写真を御覧ください。
b0119466_23231056.jpg

あまり、見たくない画像かも知れませんが、注射針の拡大図です。

 右側2本が、当院で用いている極細極小の麻酔針です。
付け根が黄色の方が、太さ33ゲージ、直径約0.18ミリ。グレーの方が太さ31ゲージ、直径約0.22ミリです。
長さも10ミリ強にとどまっています。(なお、間違えないよう補足しておきますが、「ゲージ」、という太さの単位は、数字が大きくなるほど細くなります。)

 一番左は、いわゆる一般医科用の静脈注射などに使われる注射針です。
太さ24ゲージ、直径約0.5ミリ、ちょうどシャープペンの芯の太さです。長さも付け根が見えないくらい長大・・・気が遠くなります(笑)。腕に刺す静脈注射は、神経が鈍な部分なため、この針でもなんとかなりますが、こんなもの口の中に打たれたら・・・そりゃあたまったもんではないでしょう(汗)。
 
 拡大してみましょう。
b0119466_23455816.jpg

24ゲージの針が、竹ヤリくらいに見えてきます・・・。
 
 それでも、歯科でもつい数年前までは、27ゲージ(直径約0.36ミリ)くらいが主流でした。今でも使っているところがあるかもしれません。
 糖尿病の方の、インスリンの自己注射(自分でインスリンを打つための注射)用針が28ゲージ(直径0.32ミリ)ですから、比べると33ゲージ、31ゲージの針がいかに細いかわかって頂けると思います。

 さらに拡大してみましょう。
b0119466_071895.jpg

 竹ヤリがさらに太くなりました・・・。
拡大すると、0.18ミリ、0.22ミリの針の中にも、麻酔液が流れる穴が開いていて(当たり前か・・・(笑))、さらに刃先が3面に鋭利にカットされていて、針が粘膜に引っかかる事無くスムースに入るよう工夫されています。すごい加工技術だと思います。このような高精度の針が、使い捨てで提供される事などが、現代の医療を支えていると思います。

 33ゲージの針が発売された時に、当初は使用する針を全部33ゲージに統一するつもりだったのですが、やはり、硬い歯肉や、骨の部分では針が曲がったりするため、現在では治療内容や、治療場所に応じて、両者を使い分けています。使い分けは私におまかせ下さい(笑)。

 無痛麻酔のための工夫は、あと2点あります。
ひとつは、呼吸です。
 麻酔が痛いと思って、我慢して息を止めると、筋肉が緊張して余計麻酔が痛くなります。まずはゆっくりと深呼吸をしてください。息を吐くと筋肉が弛緩して、麻酔が楽になります。
息を吐いているところを見計らって麻酔を打ちます。

 最後の1点は、信頼です。
信頼が無ければ、不安で、痛くないものも痛く感じてしまいます。
歯科治療が恐い方は、遠慮なく申し出て下さい。細心の注意を払って麻酔をします。 
私を信じて下さい・・・。トラスト ミー(笑)。
by healthcarenews | 2013-12-20 00:42 | 無痛治療・痛くない治療

臨時休診のお知らせ

平成25年12月14日土曜日 臨時休診致します。
あしからずご了承下さい。
by healthcarenews | 2013-12-13 20:35 | お知らせ

お年寄りから若者まで、審美治療の理由は様々・2

 今回は、「お年寄りから若者まで、審美治療の理由は様々」の第2話です。
 
 まずは初診時の写真を御覧ください。
患者様は70代後半の女性。女性ですので、正確な年齢はあえて伏せさせて頂きます。
b0119466_22543717.jpg

 もともとは、右上の小臼歯が痛いと言うことで来院されました。
他の医院で、治した歯ですが、痛いと言っても、なかなかやり直しをしてもらえなかったそうです・・・。まあ、その先生の気持もわからないではありません・・。診察の結果、残念ながら、その歯は根っこが折れており、やむなく抜歯ということになりました。
 もちろん抜いたら傷が治るまで抜きっぱなし・・・、という訳にはいきません。そこに仮歯を入れた所、年齢と共に変色した他の歯が、より目立つ形になりました・・・。

「前から気にはなっていたんですけど、今から歯を白くすることはできるでしょうか?・・・・」

 歯を美しくしたい、という願望に、年齢は関係ありません。歯を美しくすることで、自分のお口の中に興味を持ってもらい、それが生活習慣の改善につながれば、QOL(生活の質)も向上し、ひいては健康の増進につながります。これは、私達にとっても、願ったり叶ったりのことなのです。しかし、それも、できるだけ、歯の健康を損なわない、というのが大前提です。まずはホームホワイトニングから始めることにしました。

 術中です。
b0119466_2256887.jpg

 ホームホワイトニングにより、やや歯は白くなりましたが、右側(向かって左側)の仮歯の色にはなかなか追い付きません。正面に入っている前歯2本がプラスチックなので、黄色く変色してしまっているからです。プラスチックはホワイトニングでは、白くできないのです。その正面の色のインパクトが強いので、それに引きずられて、お口の中の色味がスッキリ改善しません・・・。

 思い切って、右上の奥歯と一緒に、正面の歯もセラミック修復をすることにしました。

 改めて、術前術後を比較してみましょう。
 術前正面です。
b0119466_2364687.jpg

 下は、術後正面です。明るめのセラミックを選択し、それに合わせてホワイトニングしたことで、見違えるように明るいお口の中になっています。
b0119466_2256233.jpg


 術前右側です。
b0119466_2254258.jpg

 術後です。
b0119466_2256328.jpg

 通常より明るめの色調を選択することには賛否があるとは思います。僕も以前は、目立たないよう、できるだけ患者様ご自身の天然の歯に近い色を選んでいました。しかし、時代は変化していきます。今では、明るめの色調を選択したほうが、より患者様に喜ばれることが多くなりました。

 術前左側です。
b0119466_22542175.jpg

 術後左側です。
b0119466_2256407.jpg

左側は、セラミック修復をしておらず、歯のホワイトニングだけです。しかし、全体の色調が明るくなったため、術前と比べるとスッキリと清潔な印象を与えます。

 最後にもう一度正面像です。
b0119466_2256233.jpg

 もちろん、歯周病の治療もしていますので、歯肉状態も改善し、明るい血色の良い健康な歯肉の色になっています。古いプラスチック修復も、必要に応じて詰替えています。

 最終仕上げの診察の時に、「お友達から、綺麗な歯になったね、って言われました!」って、嬉しそうに笑っておられたのが印象的でした。喜んでもらえて僕も本当に嬉しく思います。

 もちろん、これで終わりではありません。部分的には、まだまだバイオフィルムが残り、虫歯や歯周病のリスクが残っているところがあります。ここからが、メンテナンスの大事なところであり、また大変に責任の重いところでもあります。

 この喜びが、いつまでも続いていただけるよう、今後も丁寧にメンテナンスさせていただきたいと思っています。
by healthcarenews | 2013-12-06 23:17 | 審美治療・セラミック

貴方の健康の舵取りを。堺市北区中長尾町、山本歯科医院の歯科に関する情報のページです。


by healthcarenews
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite