ヘルスケア通信

newshealth.exblog.jp ブログトップ | ログイン

<   2014年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2013年、大掃除&忘年会グラフィティ

 今夜のヘルスケア通信は、恒例の大掃除&忘年会風景です・・・・。
これがねえ・・・・。なんで今日までアップが遅れたか、と言うと、いまいちいい写真が撮れなかったんですねえ・・・。こう・・・イマジネーションにビビッと来るよな・・・・(ーー)。才能の枯渇かマンネリか・・・(^^;)!?
でもせっかくスタッフにもポーズしてもらったんで、ここはアップでしょ!

 ・・・てなわけで、とりあえず1枚目。
b0119466_22512327.jpg

 去年は12月28日が土曜日だったので、午前中診療して午後から大掃除でした。まずは、腹ごしらえから・・・・。
 新人Tはすでに「芸」をしています・・・。意味が分からない方はK’カフェテラスを御覧ください(笑)。
b0119466_22514831.jpg

クリスマスから4日目にして、余裕の芸ができる新人T。彼女は早くも「解脱」しました・・・。

b0119466_2252925.jpg
こちらはなんとなく卑猥なギャグで決める新人T3号(登場順)。
b0119466_2252226.jpg

ギャグ2連発の新人T3号。なかなかやるぜえ。期待の新人衛生士です・・・。
b0119466_2252449.jpg

もはやベテランKとM。衛生の要、高圧蒸気滅菌器(オートクレーブ)をきれいにメンテしています。
b0119466_2253282.jpg

2年目Hも余裕のポーズ。マイクロスコープと手術用チェア担当です。
b0119466_22532455.jpg

ベテラン衛生士は相変わらず・・・。
b0119466_22535447.jpg
受付担当N。去年から、ベテランスタッフの白衣を一部ピンクに変更。お色気明るさアップです!
b0119466_22544637.jpg

翌日にはプロによるお掃除が入るため、マイクロスコープにもカバーを掛けます。
b0119466_22551347.jpg

新人Tは、ペース配分を間違えてダウン。まだまだ甘いな。ベテランKは余裕の表情。
 自慢じゃないですが、うちの大掃除は大変なのです。最近の若い子は、掃除の経験が本当に少なくてびっくりします。生まれて初めてこんなに掃除したって子もいます。来たれ若者。鍛えてあげる!

 ここからは忘年会。サーッと行きましょう。
b0119466_22554740.jpg
b0119466_22561322.jpg
b0119466_22562826.jpg
b0119466_22564167.jpg
b0119466_22565683.jpg


 実は、去年は、ベテランスタッフが2名、結婚、妊娠でスタメン落ち・・・、ベテランバイトも2名、卒業、就職で退職して、本当に大変な一年でした・・・^^;。
 でも、新人たちも順調に育って来ています。こうして人は成長していくんですね・・・。

  最後に、ピカピカになった診療室で、「締め」です。
b0119466_020086.jpg

今年は、診療室の一部改装も予定して、さらなる進化を目指しています。
今年もよろしくお願い致します。
by healthcarenews | 2014-01-23 00:10 | 最近のあれこれ

お年寄りから若者まで審美治療の理由は様々・3

 今回は、長期経過観察中(長期メンテナンス中)の患者様に起きた一連の治療についてご紹介しましょう。

 現在67歳、女性。この患者様は、当院で長くメンテナンスを続けておられますが、平成25年2月のある日、前歯が取れた!ということで飛び込んで来られました。まずは、この写真を御覧ください。
b0119466_0371892.jpg

 まあ、ご本人様にとっては、衝撃的な出来事でしょう。できれば見たくない、思い出したくない写真だと思います。(念のため、お断りしておきますが、ヘルスケア通信でご紹介している写真は、すべて患者様の了解を得て、公開させて頂いております。無断では公開致しませんのでご安心下さい。)

 しかし、メンテンスの過程のなかで、この前歯はいずれこうなることは予測がついていました。
患者様にも、その説明はしてありました。その意味では、お互いあわてることはありませんでした・・・。

 前歯の治療そのものは、おそらく10年以上経過しているかなり古いものです。2008年に撮った写真が下です。
b0119466_0322889.jpg
5年前の時点で、右側(向かって左側)の2~3番目あたりの歯肉が腫れています。かぶせの下から虫歯になって、歯肉にも感染しているのです。さらに右上奥の歯は1本根っこから折れてしまっています。
b0119466_0324386.jpg
折れている奥歯はセラミック修復をしたのですが、前歯は、本数が多いため、保たせるだけ保たせて欲しいと希望されました。感染を起こした歯を経過観察することはリスクを伴います。手遅れになる可能性もあるのです。しかし、今回は、やむを得ずそのままメンテナンスへ・・・。

 それから5年後・・・・、改めて、術前です。
かぶせのスキマから入る虫歯はかなり危険です。多くは神経を取ってある歯なので、痛みもないまま深くまで進行します。
b0119466_0341188.jpg

 角度を変えて見てみましょう。歯ぐきの深くまで虫歯が入り、一部は根っこが折れたようになっています。本来なら抜歯の適用になってもおかしくない症例です。
b0119466_1114629.jpg

 しかし、抜いてしまったら次は入れ歯かインプラントになります。患者様の希望もあり(入れ歯も嫌だし、インプラント怖い!(^^;))悩ましい所でしたが、ぎりぎりのボーダーラインでブリッジによる治療を選択しました。

 その代わり、歯肉の手術は有りーの、歯の再植は有りーの、と、手間と時間のかかる治療になりました。
下は約7ヶ月後、土台が入って、歯肉も安定してきた頃の写真です(平成25年9月)。もちろん、ずーっと仮歯は入っています。
b0119466_122873.jpg
b0119466_127519.jpg

 
 それから、さらに2ヶ月後、下は平成25年11月、術後の写真です。見た目も綺麗になりましたが、なにより歯肉の色調の安定を見ていただきたいと思います。
b0119466_1374966.jpg
b0119466_1404642.jpg
b0119466_141669.jpg

 初期は、痛くもかゆくも無い、お口の中の細菌の感染ですが、治療が済んでみると、やはり美しい健康な歯ぐきに戻ります。それだけ、知らないうちに、歯肉のみならず体全体に対して、なんらかの害を及ぼしていることを理解していただきたいと思います。

 また、メンテナンスは、時間の流れを止める治療ではありません。メンテンスしていても悪くなる歯は悪くなります。しかし、悪くなるスピードを、ずっと遅くすることができることと、それまでの対策を講じておくことができる、ということがメンテナンスを行っている強みでもあります。
 
 時間の流れを止めることはできませんが、せめて体が健康な間、少しでも、歯が無くなる「Xデー」を先送りにする・・・、それも歯科治療のひとつのスタイルだと思っています。
by healthcarenews | 2014-01-05 01:37 | 審美治療・セラミック

貴方の健康の舵取りを。堺市北区中長尾町、山本歯科医院の歯科に関する情報のページです。


by healthcarenews
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite