ヘルスケア通信

newshealth.exblog.jp ブログトップ | ログイン

<   2014年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

マイクロスコープ用個室診療室改装・2

 マイクロスコープ用個室診療室の改装は順調に進んでいます。

 改装前はこんな感じ・・・。
b0119466_2221196.jpg


 改装中。まだボードを張っただけですが・・・・。もちろん、この上にクロスを張ります。

b0119466_22214069.jpg

 広々とした空間だった改装前に比べ、狭くなったと感じるムキもあると思いますが、逆に、やや雑然として、未完成感があった奧のチェア回りが、スッキリとして、手前の3番チェアも壁ができたことで、より落ち着いて治療に集中することができるようになりました・・・。ある意味、適切なパーテーションって本当に大切だなと感じました。

 中は、こんな感じです。入り口は狭く感じますが、中には意外と広い空間があります。
b0119466_22234491.jpg


 奥のカルテ室への入り口です。
b0119466_2224136.jpg

 通路も十分に確保することができて、動線も思った以上にケラれることはありませんでした。
これなら、慣れないことによる診療への支障もほとんど起きることはないと思います。ご安心下さい。

また、報告をします。
by healthcarenews | 2014-02-26 22:57 | マイクロスコープ・根管治療

マイクロスコープでできること・1

 今回のヘルスケア通信は、「マイクロスコープでできること」、をご紹介したいと思います。

 まだまだ普及率が低いマイクロスコープ。
その原因は、それを使った診療は、むちゃくちゃ時間がかかって、患者様もドクターもしんどい!、という事がひとつ挙げられます。

 それでも惚れ込んで導入を決意したのは、やはり、今まで見えなかったものが見える!という一点に尽きます。この点では、まさに別世界と言えます。
では、何ができるのか・・・・・、少しずつご紹介していきましょう。

 まずは虫歯治療への応用。
下の写真は、奥歯にできた非常に深い虫歯の写真です。
b0119466_2358087.jpg

もう神経に届かんばかりに深い虫歯でしたが、マイクロを覗きながら慎重に虫歯を除去しました。
そして、良く見ると深いところのエナメル質が一部ヒビが入っています。ただし、これを無理に取ってしまうと歯肉から出血してきて、虫歯に再感染してしまいます。やむなく、このまま接着剤で固め、プラスティック充填を行いました。術後は痛みもしみることもなく経過も順調です。

 次は、上の親知らずにできた深い虫歯です。通常、親知らずは奥にあり過ぎて、照明が届かないのですが、マイクロを使うと内蔵のLED照明で、虫歯の奧の奥まで観察することができます。
b0119466_23583612.jpg
これほど深い虫歯の親知らずなら、本来は抜歯なのですが、この患者様は授乳中だったため、抜歯や投薬を避け、プラスティック充填を行いました。術後経過は良好です。

 次は、根管治療への応用です。根管治療とは、歯の根の中の神経や感染源を取り除き、根管を無菌状態にする治療です。
根管治療は、ベタな表現ですが歯の治療の根幹となる重要な治療です。
 下は、上の奥歯の歯の根の中の写真です。逆立ちした猿の顔のように見える、3個開いている穴は、通常3本ある上の奥歯の神経が通っている穴です。
b0119466_2359619.jpg

この患者様は、その3本の根っこの間に黒いヒビが入っています。それだけで早急に抜歯という訳ではありませんが、長期間は使えない可能性があります。そのことを正確に患者様にお伝えすることができました。

 次も同じく根管治療中の歯です。同じくヒビが入っています。
b0119466_003694.jpg
ここまで大きなヒビになるとそのまま使うのは難しくなります。幸い2本根っこがある歯でしたので、ヒビが入った方の根っこだけ抜歯して、一部は生かすことができました。

 次も根管治療です。
先ほど、上の奥歯の神経の数は3本、と書きましたが、(事実、大学時代は単純に3本と習いました・・・。)この歯は、4本目の神経があります。最近は、マイクロスコープやCTなどの診断機器の発達で、かなりの頻度で4本目の神経が見つかるようになっています。
b0119466_01450.jpg

この写真の歯の真ん中あたりにある小さな穴が、4番目の神経の穴です。この穴は、時には0.06ミリの針がやっと通るくらいの穴の時もあります(この写真は、治療のために拡大済みです)。意識をして探していかないと、見落としてしまう大きさです。そして、この神経の見落としが、後々の不具合の原因になっていることもあります。

まだまだ、精密治療のデータは集積中です。おいおいご紹介していきます。
by healthcarenews | 2014-02-20 00:39 | マイクロスコープ・根管治療

マイクロスコープ用個室診療室改装

 平成26年2月19日より、マイクロスコープ用個室診療室の改装工事に入ります。
工事期間は、3月上旬までの予定です。

 期間中、治療用チェアが1台使えなくなるため、混雑が予想される事と、診療中、騒音等でご迷惑をかける事もあるかと存じます。誠に申し訳ありませんが、よろしくご了承のほどお願い申し上げます。

下は、工事前の写真です。
b0119466_23302493.jpg

チェア周りを養生して、工事に入りました・・・・。
b0119466_23315235.jpg


 新たに壁を作り、完全個室化の予定です。
マイクロスコープを設置し、さらに精度の高い診療と上質な空間を目指します。
by healthcarenews | 2014-02-19 23:45 | マイクロスコープ・根管治療

貴方の健康の舵取りを。堺市北区中長尾町、山本歯科医院の歯科に関する情報のページです。


by healthcarenews
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite