ヘルスケア通信

newshealth.exblog.jp ブログトップ | ログイン

<   2014年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

重症の虫歯に対して歯周外科手術(歯冠長延長術)で治療した症例

 今回は、重症の虫歯(全顎にわたる歯冠崩壊)に対して、歯周外科手術のひとつである、歯冠長延長術(クラウンレングスニング)を用いて治療を行った症例をご紹介しましょう。

 まずは術前写真です。初診時は2013年4月。
b0119466_016442.jpg

全体像もご覧いただきましょう。
b0119466_0185378.jpg

 下顎の前歯を残し、すべての歯にわたって、虫歯で歯が崩壊しています・・・。
患者様は20代の女性。もうこれだけで患者様の深い苦悩が伺い知ることができます・・・。

 どこの歯医者に行っても、歯を抜いて入れ歯にしよう、と言われるばかりで、しかし当人はものすごい怖がりで・・・、どこでも治療を続けることができず、知人の紹介で来院なさいました。

 確かにすごい怖がりです。いつもマスクをしていて、診療台に座って、イスを倒してもマスクを外してくれません・・・(^^;。触ろうとすると、無意識に体が逃げてよそを向うとします。
 
b0119466_1351717.jpg

一応、前歯が6本だけ入っていましたが、不適合で、再着しても、またすぐ外れるの繰り返しで、マスクが手放せない状態でした。

 さて、重症例、難症例、たくさん診てきていますので、こういう症例は慣れてはいますが、まずは患者様本人がやる気と根気を出してもらわないと治療は成功しません。

 そこで、こういう治療は時間と費用がかかることを理解してもらい、そしてできるだけ痛くないように治療することを「固く」約束して、まるで小児をあやすかのように治療にかかりました・・。
まずは、仮歯が外れないように修理をします。これで少しモチベーションが上がります(^^;。

 そして、半年が経過・・・。中間報告です。
b0119466_1474162.jpg

 ほとんど変わってないように見えますが、すべての歯を根管治療(歯の神経の治療)からやり直さないといけませんので、とにかく時間がかかります。並行して、抜歯が必要な歯は、なんとか抜かせてもらいました(汗)。

 さらに半年後、2014年3月。ここまでで1年近くかかっています・・・。
b0119466_153277.jpg

基礎治療が終わり、歯肉の色も良くなってきました。
 
 ここで前歯に土台を入れます。
b0119466_1582921.jpg

土台が新しくなると、古い仮歯は使えなくなるので、同時に仮歯も作り直します。
b0119466_205399.jpg

 一般的には、プラスチックの仮歯は、劣化していきますので、大体半年から1年ぐらいが寿命の限界となります・・・。

 仮歯が新しく綺麗になって、モチベーションもグーンとアップしましたので、ここで次の階段を上がってもらいます。
 基礎治療は終わりましたが、歯の根っこは歯肉の中に埋まったままになっています。
このままでは、10年、20年と長期にわたって機能する良い冠(クラウン)を作ることができません。
 患者様にとっては、今回の一連の治療の中で、一番大きな手術になります、歯冠長延長術(クラウンレングスニング)を行います・・・。
術後です。少し治癒を待ったこの時点で2014年8月・・・。
b0119466_2101014.jpg

前歯3本、歯ぐきに隠れて見えなかった歯の根っこが見えてきました。

 その3本に土台をいれます・・・。
b0119466_2182586.jpg

さて、ここまでで1年9か月・・・。
歯肉の状態もほぼ回復したので、年明けからはどんどん型を取って、新しい歯を入れていく予定です。
それでも3月くらいまでは楽にかかるでしょう。
まるまる2年がかりの長期にわたる根気のいる治療になりました。
しかし、患者様もよくがんばってくれて、ここまで確実に進んでいます。

また新しい歯が入れば報告したいと思います。


重症の虫歯に対して歯周外科手術(歯冠長延長術)で治療した症例・続報


 








 
by healthcarenews | 2014-12-31 01:06 | 歯周病治療

お年寄りから若者まで、審美治療の理由は様々・4

 今夜のヘルスケア通信は、久しぶりに「セラミック・審美治療」のカテゴリーです。
マイクロスコープは、年末年始はしばしお休み・・・(笑)。

 まずは、初診時の写真をご覧ください。
患者様は54歳、女性。「4本の前歯の歯ぐきの間の黒いスキマが気になる。」と来院されました。あとは「下顎の左右の奥歯に銀のかぶせ(クラウン)を白くしたい。」とのこと。
b0119466_046383.jpg

 確かに、上の前歯4本には、笑うと気になる黒いスキマが開いています。下の奥歯の銀歯は、笑うと微妙にギラリと光ります・・・。
しかし、歯磨きも上手で、歯肉炎もほとんどありませんでしたので、修復をやり直すだけの比較的単純な治療で済むと思われました・・・。しかし・・・。

 とりあえず、術後です。
b0119466_0472177.jpg

 理屈抜きで、やはり銀歯が見えなくなると、口の中がスッキリ綺麗に見えます。
表情も明るくなって、心なしか若返ったような感じも受けます。審美治療をやって良かったと感じる瞬間です・・・。

 では、術前に、なぜ「しかし・・・、」とエクスキューズがついたのか・・・。
実は、4本の前歯をはずしてみると、すごいことになっていました・・。特に右上2番目の歯は深部まで、虫歯が感染していて、もう抜歯するしか治療法がありませんでした・・。スキマが開いた歯を長く放置しておくと、時折、こういう事が起こります・・・。
b0119466_149882.jpg

 やむなく、1本抜歯をさせて頂き、残った歯は、徹底的に虫歯を除去し、土台を補強。
この状態で、半年以上、歯肉の治癒を待つことになりました・・。もちろん仮歯は入っています。
残念ながら、右上の糸切り歯は、ブリッジとしてつなぐために、今回、新しく削ってかぶせることになりました・・・。

 改めて術後です。
b0119466_1561479.jpg

b0119466_1563179.jpg

b0119466_157435.jpg

あとは、古くなって変色しているプラスティックを充填し直して治療終了。
メンテナンスに入ります。
by healthcarenews | 2014-12-30 01:17 | 審美治療・セラミック

貴方の健康の舵取りを。堺市北区中長尾町、山本歯科医院の歯科に関する情報のページです。


by healthcarenews
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite