ヘルスケア通信

newshealth.exblog.jp ブログトップ | ログイン

<   2015年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

審美治療の未来は「ダイレクトボンディング」へ

 まずは下の写真をご覧下さい。
b0119466_0321539.jpg


 あー、また気持ち悪いもの見せて・・・、と眉をひそめた貴方・・・、ご安心下さい。
これは僕が作った作り物です・・・。

 この歯は、歯の部分から根っこの部分まで、すべて硬質レジンと呼ばれるプラスティックでできています。一部分たりとも人間の歯は使われていません。

 現代の硬質レジンの再現力はここまで来ています・・・。
ただし、簡単にできる訳ではありません。半透明や不透明な色が付いたレジンを何層にも重ね合わせて形を作り、白や褐色の絵の具で白斑や縞模様を再現しています・・・。

 これが「ダイレクトボンディング」と呼ばれる、これからのMI治療です・・・。

 側面です。歯の根に、ひび割れも再現しています・・・。
b0119466_0455343.jpg

 歯の裏側です。歯の裏に付いたヤニも再現(笑)。でも研磨が少し不足しています。
裏側なんで手を抜いちゃいました(;^ω^)。もちろん患者様の実際の歯には手抜きなんかしません!
b0119466_046494.jpg


 歯を大きく削って、セラミックでかぶせてしまうのは審美的には簡単ですが、やはりかぶせるために多くの歯を削るのも事実です。削る量を最小限にして、かつ、一部分を硬質レジンで審美的に修復する・・・。これがダイレクトボンディングの醍醐味です。

 さて、この夏、私は、このダイレクトボンディングを極めるために、2週連続、暑い名古屋へ・・・(;´・ω・)。
まずは7月20日、21日。
b0119466_1114174.jpg

朝も早よから講習会場へ。席はいつもの前の方です・・・(笑)。
b0119466_195593.jpg

 席に置いてあるレジメ。レジメの写真にあるように、半分に欠けた歯(虫歯の歯も)、何もなかったかのように修復するのがダイレクトボンディングの仕事です・・・。
後で判るのですが、机に置いてある2.5倍くらいのルーペではまったく役不足。
すぐにいつも使っている5倍のルーペにチェンジ。
b0119466_1183759.jpg

今回もいつもの仲間と一緒です。
と、いう訳で、夜は名古屋の街で飲み食い(;^ω^)。
b0119466_1222052.jpg

b0119466_1224214.jpg

もちろん、講習は真面目に受けてきましたよ・・・。

 さて、その翌週7月25日、26日。
今度はさらなるステップアップを目指して再び名古屋へ・・・。
今回は二人抜けて、濃い友人と二人でさらにグレードアップ!
b0119466_1271147.jpg

 ドイツに本社があるカボとカー社の講習会です。
なかなか講習会の空きがない、ハイグレードな講習会です。
看板も外人さんが、白い歯を見せて笑っています(;^ω^)。
b0119466_1315354.jpg

 講習会場も、前回と比べてシックになって少人数ハイグレードな感じです・・・。
で、写真はここまで。
あまりに面白かったのと忙しかったのであとは撮る暇なし・・・・。

 この7月、この講習会のため、あっという間に終わってしまいました。
そして7月25日の土曜日は臨時休診致しましたので、ご迷惑をおかけした方もいらっしゃると思います。この場をお借りして、おわび申し上げますm(__)m。
ただでさえ予約が取りにくいのに・・・・。

 しかし、今回学んだことは、きっとまた皆様のお役に立つと思っています。
ご期待下さい。














 
by healthcarenews | 2015-07-29 00:59 | 審美・ダイレクトボンディング

貴方の健康の舵取りを。堺市北区中長尾町、山本歯科医院の歯科に関する情報のページです。


by healthcarenews
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite