ヘルスケア通信

newshealth.exblog.jp ブログトップ | ログイン

<   2016年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

根管治療は奥深い・・・・・

 さて、今夜のヘルスケア通信は、久々に根管治療ネタです。

 根管治療の難治症例(まあ、ひらたく言うと、「根っこの治療を何回もやっているのに、いつまでたっても痛みが止まらないよー(-_-;)」みたいな歯の治療の事です。)には、当院では、もうCTとマイクロスコープが必須の治療になってきています・・・。

今夜は、ややマニアックですが、そんなネタをひとつ・・・。

 まずは術前のレントゲンから・・・。まずはこの時点で万人向けではありません(^^;。
b0119466_2332569.jpg

 なかなか痛みが止まらない歯。レントゲンを撮ると、根っこの先に黒い影(黄色い円内)。
やはり通常はこの歯根が原因と考え、この根を治療するのですが、他院で何回も治療しているのに治りません。

 僕も最初はこの歯根を治療しましたがやはり痛みが止まりません。
ルーティンの治療後、こういう通常と違う反応を見せた場合はまず難治症例です。
そこでCTの出番です。
b0119466_23532640.jpg
b0119466_23533679.jpg

歯根全体を包むように、大きな黒い影が出来ています。
通常の歯根からの感染だけでは、こんな形の影はあまりできません。
そして通常のレントゲンやパノラマ写真からだけでは、この画像は見えません。

ここまでくるとマイクロスコープしかありません。
b0119466_03132.jpg

上の写真は、歯の中のの5倍拡大写真です。
赤の矢印は根管の入口です。
そして、歯全体に無数の亀裂が走っています(黄色矢印)。
そう、今回の歯の痛みの原因は、歯に入ったヒビからの感染だったのです(-_-;)。

とにかくヒビが入っている根管内を洗浄し、感染源を除去。
ようやく痛みは止まりました・・・、ふう(;´・ω・)!。

 根管治療と言っても、すべてが歯の根の消毒で治るわけではありません。
今回みたいにヒビが原因だったり、歯周病が原因の時もあります・・・。
根管治療は奥深い・・・。

 さて、この歯のこれからですが、正直言って、一度ひび割れた歯の寿命は長くありません。
ひび割れを元通り治す治療はありません。この歯をどう治療するのか・・・。
抜歯をしてしまうのか、それともできるだけの延命治療を行っていくのか、ここからは患者様とよく相談をして決めていかなければなりません。

 CTとマイクロスコープを使って、細心の注意を払って治療をしても救えない歯もあります・・・。それはご了解ください。しかし、正しい診断が付くか付かないかで、この歯とその周辺の歯の治療方針は大きく変わってしまいます。
その意味でも精密根管治療は意義があると思っています。
やはり根管治療は奥深い・・・。
by healthcarenews | 2016-01-26 00:24 | マイクロスコープ・根管治療

最新の審美治療・ダイレクトボンディングあれこれ

 2016年最初のヘルスケア通信はダイレクトボンディングの紹介です。
さて、審美修復治療の切り札として、昨年から本格導入したダイレクトボンディング(高強度コンポジットレジン修復)ですが、現代の歯科治療水準にマッチした様々なメリットから、かなり好評を得ています。

 まずそのメリットですが、
1.まずは審美的に仕上がる事。メタルフリー(金属を使わない)であるため、ギラっと目立つ銀歯になりません。
2.メタルフリーであるため、金属アレルギーの心配がありません。
3.高性能の接着剤を使って、材料を歯に接着していくため、保険の銀歯のセメントに比べ長持ちします。
4.これが最も大きいメリットですが、健康な歯をできるだけ削ることなく治療できますので、自分の歯を長持ちさせることが出来ます。

症例をご紹介していきましょう。

1症例目、50代女性。右下小臼歯(黄色矢印)。銀の詰め物をダイレクトボンディングしました。
b0119466_082191.jpg

歯の咬み合わせの溝の部分にはステイン(着色剤)を加え、できるだけ本物の歯そっくりに仕上げています。
b0119466_083181.jpg


2症例目、30代女性、右下奥歯の大臼歯。ダイレクトボンディングは高強度のレジン(プラスティック)を使っているため大臼歯にも使うことができます。
b0119466_062265.jpg

今回は、年齢的にもステインは使わず、細部の溝を再現しました。綺麗に見えます。
b0119466_07473.jpg


3症例目、ダイレクトボンディングは神経を取った歯にも応用できます。
 左上小臼歯、虫歯で神経を取ってしまいました。
上の写真、歯の真ん中に穴が開いているのが見えます。中に見える白と肌色のセメントは、神経の管の中に詰めるゴムとセメントの色です。昔の治療ではここまで来ると銀歯でかぶせてしまうか、高額のセラミックなどかぶせる治療がほとんどでした。
b0119466_08395.jpg

下の写真。ダイレクトボンディング後です。
高性能の接着剤を用いて、強度の高いレジンで歯を作っています。ステインも加え本物の歯そっくりに再現。費用もセラミックでかぶせる場合に比べ3分の1程度で済みます。
b0119466_084520.jpg

 ただし、すべての歯がこのようにダイレクトボンディングで回復できる訳ではありません。
そのためにもMI(最小限治療)を目指すスタンスが必要になってくるのです。
 もちろん、虫歯の状況や咬み合わせの状況により、ダイレクトボンディングでは対応できない場合もありますが、まずは、神経を無造作に取ってしまう前に、一度ご相談いただけたらと思います。
by healthcarenews | 2016-01-10 00:11 | 審美・ダイレクトボンディング

2016年、あけましておめでとうございます。

2016年、あけましておめでとうございます。
本年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
b0119466_16295144.jpg

新年の診療は1月5日からです。
by healthcarenews | 2016-01-01 16:31 | お知らせ

貴方の健康の舵取りを。堺市北区中長尾町、山本歯科医院の歯科に関する情報のページです。


by healthcarenews
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite