ヘルスケア通信

newshealth.exblog.jp ブログトップ | ログイン

<   2016年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

ダイレクトボンディング、これからの審美治療

 今夜のヘルスケア通信は、最近どんどん症例が増えている「ダイレクトボンディング」の話です。

 まずは症例をご覧ください。
患者様は53歳、女性。
左下奥歯3本にダイレクトボンディングを行いました(黄色矢印)。

 術前です。
b0119466_22121100.jpg

 術後です。
b0119466_22121350.jpg


 どうでしょう?術後の審美感というか、スッキリ感は一目瞭然だと思います。

 この患者様の左下に入っていた銀歯。これはメタルインレーと言って、ひと昔前、いや実際は3年くらい前までは、もう当たり前みたいに行われていた治療です。
「虫歯がありますから、削って型を取って、次回銀歯を詰めますねー。」
なんて、なんの疑いもなく治療を受けられた方もたくさんいらっしゃると思います。
いや、私たち歯科医師ですら、「こういう虫歯は、こう治療しなさいね。」と、長年教えられてきたのです。

 いまでこそ、小さい虫歯は、保険診療で、歯と同じ色のプラスティックで詰める治療がかなりできるようになってきましたが(材料の進歩は凄まじいものがあります)、やはり割と大きな虫歯は、今でも、上の術前写真のように、歯を削って、型を取って、銀歯で詰める!、保険診療では、これが主流です。

 しかし、時代の流れは、この当たり前のように使われてきた金属を、あまり使わない方向に向かっていっています。審美的にももちろん、今は金属アレルギーの問題も、増えてきているからです。

 事実、この平成28年4月の保険改正で、本当に長い間使われてきた「アマルガム水銀充填」という治療が、保険診療から撤廃されました。日本では、この治療は2度と(保険では)行われることはないでしょう・・・。
「アマルガム充填」・・・どんな治療か?・・・こんな治療です。
b0119466_2236144.jpg

 見たことあるでしょう・・・。
 この患者様は31歳、女性。右下3本(矢印)にアマルガム水銀が詰まっています(いちばん奥はメタルインレー)。
 この治療も20~30年前まで当たり前に行われてきました。学校検診で「虫歯だねー。」って言われたら、もう何の説明も、選択肢もなく、2.3本いっぺんに詰められた、そんな治療です。
 僕自身、40年前、歯科医師だった親父から、この治療を当たり前にされましたし、この患者様も、小学生の時、「いつのまにか」治療された銀歯です・・・。

 まあ、アメリカでは一部いまだに使われている材料ですし、無茶苦茶有害、という訳ではないのですが、先程言った金属アレルギーの問題とか、環境汚染とか、審美的だとか・・・、まあそんなこんなで、もう日本では使うのやめようよ!って話になりました。これに代わる治療もできましたしね・・・。

 これぐらいの小さな虫歯なら保険診療のプラスティックでも、割と簡単に修復することができます・・・。
プラスティック充填、術後です。
b0119466_2252417.jpg


 とりあえず、かなりスッキリします・・・。
 このアマルガム水銀、外してみると、中に大きな虫歯ができていることも多いので、最近は患者様の了解が得られたら、外してなんらかの形で修復するようにしています・・・。

 さて、小さな虫歯は、保険診療のプラスティックでなんとかなるのですが、これが大きな虫歯となると・・・、技術的にもかなり難しく、保険のプラスティックでは強度が不足する時もあります。
ここからが、保険外診療ではありますが、高強度プラスティックによる「ダイレクトボンディング」の出番なのです。

 メリットを整理しておきます。
やはり保険外診療になりますので、それなりの高精度の治療になります。
・治療は5倍以上のルーペを用いて、高い精度を目指します。
・虫歯は染色剤を用いて、徹底的に除去しますので、ルーペの使用とあいまって、虫歯の取り残しが
ないようにします。
・プラスティックと歯とは、接着剤で接着しますので、保険診療のセメントに較べ、細菌の侵入が少なく、2次う触になりにくくなります。
・噛み合わせの部分をできるだけ本物の歯そっくりに彫刻します。
・費用は、1本あたり3~4万円かかりますが、セラミックでかぶせてしまう従来の審美治療に較べても、3分の1程度のコストで審美治療ができます。
・ケースにもよりますが、1本あたり多くは1回、難症例でも2回で治療を終えることができます。

 ただし、1本あたりの治療時間は、1時間から1時間半とかなり長時間かかります(^^;。
これだけは了承しておいて下さい。

 このダイレクトボンディング、下顎は口を開けたとき、金属色が意外と見える部分です。
ここを白くしておくと、笑った時の感じがかなり変わります。
いま、ダイレクトボンディングを行っている患者様も、多くは下顎を優先して行っています。
興味のある方は一度ご相談ください。



















 
by healthcarenews | 2016-04-03 23:04 | 審美・ダイレクトボンディング

貴方の健康の舵取りを。堺市北区中長尾町、山本歯科医院の歯科に関する情報のページです。


by healthcarenews
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite