ヘルスケア通信

newshealth.exblog.jp ブログトップ | ログイン

<   2017年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

重症の歯周病治療の奥の手・・・、移植という選択

 今夜のヘルスケア通信は、歯周病に対する移植治療についてです。
最近、当院では移植治療の頻度が高まってきています。移植治療の成功率は現時点でほぼ100%!
予後の予測しやすい治療として確立してきています。

 まずは症例をご覧ください。
患者様は40代女性。他院で保険外で入れた左上の奥歯がグラグラして噛めない、ということで来院なさいました。
b0119466_19533233.jpg
 一見、きれいに磨かれていますが、第1大臼歯、第2大臼歯2本が歯周病でグラグラです。
その手前の第2小臼歯はすでに抜歯してあり、第1小臼歯と大臼歯とが真っ白のオールセラミックブリッジになっています。

 きれいにブラッシングできているにも関わらず、歯周病が進行するのは、実は、感染している細菌がかなり悪質か、体質的に歯周病が進行しやすいか、
いずれにせよ歯周病が重症であることを示しています。

 レントゲンを撮ってみました。
親知らずの手前、大臼歯2本が重症の歯周病です。
第1大臼歯のグラつきに堪えられず、セラミックブリッジは一度折れて、修理してあります。

b0119466_19463582.jpg
 CTも撮ってみました。
より重症度がはっきりわかります。
第1大臼歯はまったく歯を支える骨が無く、第2大臼歯も薄皮一枚でつながっている状態です。
b0119466_20011208.jpg
 この症例の治療法の選択は、正直大変悩みました。
第1大臼歯は炎症が上顎の骨を通り越して、鼻の穴の粘膜にまで波及しています。放っておいたら鼻までダメになってしまいます。第2大臼歯も同様です。
この2本に関しては、抜歯以外の選択肢はありません。
 しかし、この大臼歯を抜歯すると、この女性は、弱冠40代にして、かなり大きな「入れ歯」という事になってしまいます。これではあまりにも辛い結末です。

 もちろんインプラントという選択肢もあるわけですが、今回の場合、大臼歯部にはほとんど骨が無く、第1小臼歯も親知らずも不安定な状態のため、インプラントをするなら、計5本の歯を抜いて、大きな手術が必要になります。この選択は、手術的にも金額的にも患者様に大きな負担をかけてしまいます。

 悩んだあげく、ここは重症歯周病治療の奥の手!、「移植」という選択をすることにしました。
僕は、基本、「親知らず」という理由だけで、親知らずは抜きません。
それは、この「移植」という「奥の手」に使える可能性があるからです。

 第1大臼歯、第2大臼歯を2本抜歯して、第1大臼歯の位置に、その奥にあった親知らずを移植しました。
手前側(第1大臼歯側)に移植したのは、奥に移植してしまうと歯の噛み合わせの負担が増えるからです。

 下は、術後44日目の写真です。
移植直後は、骨折後の添え木のように、歯を固定をしているのですが、固定を外しても歯はグラグラしません。
b0119466_20080413.jpg
下は、さらに1か月後の写真です。
古いブリッジも取って、仮歯の型を取りました。
b0119466_20163323.jpg
その時のレントゲンはコチラ。
b0119466_20172012.jpg
奥歯を支える骨の量としては、決して十分とは言えませんが、第1大臼歯周囲の当初の骨の影は無くなり、現時点では炎症も無く、グラグラもしていません。

とりあえず、仮歯を入れて経過観察です。
中から見たところです。
b0119466_20205228.jpg

外から見たところです。なんとか上手に咬み合っています。
b0119466_20220656.jpg
 
 もちろん、これで安心!っていう結果ではなく、薄氷を踏む思いの治療ではあります。
しかし、先程書いたように、40代の女性が入れ歯を入れることを考えれば、あと数年でも、この状態を維持できれば、十分にチャレンジする価値のある治療と思っています。

 重症の歯周病に対する移植治療は、虫歯の移植治療に較べ、条件はさらに悪くなります。
いわゆるレシピエントサイト(移植される側)の骨が無くなっているからです。
しかし、歯周病を悪化させるのは、歯根に感染している病原体ですので、感染した歯根を除去し、健康な歯根を植えることによって、歯槽骨も回復する可能性があります。

 人間の体は、感染と咬合力のコントロールがきちんとできれば思っているより柔軟です。
またそのうち、その他の移植症例もご紹介したいと思います。



by healthcarenews | 2017-01-15 20:25 | 歯周病治療

祝、8020達成!

 あけましておめでとうございます。
新年最初のヘルスケア通信のカテゴリーは予防歯科。年末から年をまたいで予防歯科ネタ5連発になってしまいましたが、大切な事なのでここまではいっておきましょう。

 まずは初診時の写真をご覧ください。
 写真の記録にあるように、初診は1999年12月。いまから17年前の事です。
患者様は女性、当時63歳。
 余談ですが写真のサイズが小さいのは当時のデジカメの画素数が小さいから。
左上の「FD」の文字はフロッピーディスクに保存していた事を示しています。若い人は知らないかもしれません。FDは容量1.44MB(1GBの1000分の1(笑))。今とは隔世の感があります。
画質が悪いのは、さらに画像を転送するのにビデオキャプチャー(これがまた高かった・・・!)を介して一旦アナログ画像に直しているから・・・。当時はデジタル画像を扱うのは、そう簡単ではなかったのです・・・。
ああ・・・!つい遠い目をしてしまうジジイの余談はこれくらいにしておきましょう。
b0119466_21015994.jpg
 下の写真は、2016年12月27日撮影、まる17年経過後です。
患者様は、昨年の4月、めでたく8020(80歳で20本以上の歯が残る事)を達成しました。
b0119466_21021703.jpg
 初診時、真っ赤に腫れていた歯周病は、多少歯ぐきは下がりましたがキレイにコントロールされています。
2000年の1月に入れた前歯のブリッジも、17年近く経過してまだまだ使えそうです。
 まあ、ここまでの経過はこちらをご覧ください。

 大切なのは、この患者様が「特別な方ではない」という事です。
昨年「最優秀賞」を取られた患者様は特別恵まれた体質の方です。でもこの患者様は違います。
ごく普通に虫歯もでき、当院にかかる前にもう何本も治療しています。奥歯はほとんどかぶせてあり、歯周病で、すでに何本も歯を失っていました。もともと腎臓が悪く、10年ほど前から腎透析を受けておられます。歯を失う可能性(リスク)はそこそこ高いタイプでした。

 虫歯と歯周病は、細菌の感染が原因で起こる感染症です。ですから、逆に細菌の感染をきちんとコントロールすることでかなり予防できます。
大事なのは適切な時に適切なコントロールをきちんと受ける、という事なのです。
あと、今、現在重要な問題になっているのは噛む力(噛み癖)のコントロールです。これは今では歯を失う第3の原因と呼ばれています。まあ、これはまたいずれ・・・。

 実は、歯を失う最大の原因は「放置」です。
虫歯と歯周病を「放置」して、歯が何本か無くなってくると、残った歯に無理な「力」が加わって、加速度的に歯が無くなっていく・・・・。
これが「歯無し」になっていく最短ルートです。覚えておいて下さい。





 




by healthcarenews | 2017-01-08 21:43 | 予防歯科・メンテナンス

あけましておめでとうございます。

平成29年
あけましておめでとうございます!
本年もよろしくお願い申し上げますm(__)m。

新年の診察は1月5日からです。
b0119466_12251205.jpg


by healthcarenews | 2017-01-02 12:32 | お知らせ

貴方の健康の舵取りを。堺市北区中長尾町、山本歯科医院の歯科に関する情報のページです。


by healthcarenews
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite