ヘルスケア通信

newshealth.exblog.jp ブログトップ | ログイン

<   2019年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

「メタルフリー」へと続く道・Part3 金銀パラジウム合金について 前編

 今夜のヘルスケア通信は、「メタルフリー」へと続く道、の第3夜、金銀パラジウム合金についてです。

「金銀パラジウム合金」とはどんな金属か?と、いうと、今の日本で、保険診療の銀歯、メタルインレー(金属の詰め物)やクラウン(かぶせ物)に使われている金属、そのほぼ「すべて」という事ができます。

 ちなみに、メタルインレー(金属の詰め物)とは、歯の一部分を削って、型を取って、それからできた金属をセメントで歯に着ける治療です。
 クラウン(かぶせ物)とは、歯の全部を削って、型を取って、全体をすっぽりかぶせるように包んだ金属をセメントで歯に付ける着ける治療です。

 下の写真のコレ(黄色矢印)や隣の歯の銀歯がメタルインレーで、材料は金銀パラジウム合金・・・、
b0119466_23552021.jpg
また、下の写真の黄色矢印もめメタルインレーで、その隣の歯がクラウンです。そして材料は金銀パラジウム合金・・・。
b0119466_23553814.jpg
下の写真の3つの黄色矢印も・・・、
b0119466_23565232.jpg
みーんな金銀パラジウム合金です。

 一部、入れ歯や土台に、違う種類の金属を用いる事はありますが、歯科用で保険で使われる金属のほとんどが、おそらくこの「金銀パラジウム合金」だと思います。

 その金属としての組成は国が決めていて、金12% パラジウム20% 銀50% 銅16%、その他の金属2%、まあ大体こんなところです。

 では、金銀パラジウム合金に害(毒性)はあるのか?と問われると、国が「保険診療にはこの金属を使いなさい!」と決めてしまっていますので、僕個人としては何もそれに反論する事もできませんし、害を実証する、いわゆるエビデンス(根拠)のある論文を持っている訳でもありません。まあルールですので、使わざるを得ない、と言うところが本音にになります。

 ただ、貴金属としての「金」は、昔から金箔としてお酒に入れて飲む人もいるくらいですから、まあ多くの害は無いのでしょうが、残り88%のパラジウム、銀、銅や、その他の金属が、金属それぞれの性質を調べた時に、「大丈夫かどうか?」というのが問題で、少なくとも金属アレルギーの原因になるのはあり得るのかなあ、と言うところです。
 しかし、確かに、金属アレルギーの患者様で、金属を除去することで症状が改善したということは良く経験することですが、たくさん他にも金属が入っているのに、一部の金属を除去するだけで症状が改善する場合もあり、すべてが金銀パラジウム合金のせいでは無い、ということも経験しています。

いわゆる保険外診療で、メタルフリー治療(ノンメタル治療)を専門でやっている医院のサイトを見てみますと、かなり怖いことがいろいろ書いてあります。

いわく、金銀パラジウム合金は、お口の中でアンテナとして働いて、電磁波を集めて、電磁波過敏症を招く。

いわく、唾液で溶けてガルバニ電流を発生し、疲れやすい、めまい、動悸、頭痛、腰痛、肩、首のコリ、ひじ、ひざの痛み、などを起こす・・・などなど。

また、できるだけ早く、「お口の中から金銀パラジウム合金を外す必要があります。」とまで書いてあります・・・(-_-;)。

 Part1にも書きましたが、金属は金属の素晴らしい長所があり、また、保険診療としての長い歴史の中で、膨大な数の金属が患者様のお口の中に入っていますので、この「金銀パラジウム合金をすべて外す」あるいは「使わない」治療を、まともに実践すれば、歯科治療としての根本である、「虫歯を治療して痛くなく噛めるようにする」、という行為が、保険診療ではまったくできなくなってしまい、これはこれで本末転倒、という感じがします・・・(汗)。

 ですから、この金銀パラジウム合金の「毒性」という問題に関しては、ここはちょっと横に置いておきましょう。
アマルガムと違い、100%悪者ではありませんし、安価で手軽に丈夫に治療ができる材料には違いありません。
 僕も、今でも必要に応じて普通に使っていますし、特に強い噛む力がかかる奥歯のクラウン(かぶせ物)などにはどうしても必要な材料になります。

 ただ、「金属の使用量を減らす、あるいはより良い材料を使う」というスタンスは、これからは「アリ」だと思います。
いまは、それに代わる良い材料も出てきています。

 ここからは、また後編に持ち越しましょう。
後編のテーマは、やはり接着性。
歯と金属はあまりに性質が違いすぎるため、クラウン(かぶせ物)はともかく、メタルインレー(金属の詰め物)は、治療後数年も経つと明らかに劣化していきます。
 金銀パラジウム合金は、その合金そのものの毒性よりは、金属としてのその他の性質の方が大きな問題になります。
これは、特に「メタルインレー」治療の大きな欠点であり、そして「貴方の歯と体の健康を守る」ためにとても重要なテーマとなります。
 

 





by healthcarenews | 2019-01-30 22:40 | 虫歯治療・MI治療

「メタルフリー」へと続く道・Part2 アマルガム合金について・後編

 今夜のヘルスケア通信は、メタルフリーへと続く道・Part2 アマルガム合金について、の後編です。
前編の後半部分で、アマルガム合金の欠点について触れました。

 簡単に復習しておきますと、アマルガム合金の欠点とは

1. 金属に「水銀」が使われていて「毒性」があること。
2. 劣化して溶けだし、黒色になり、周囲の歯も黒く変色することがあり、審美的にキレイでないこと。
3. アマルガムは歯に接着しないため周囲にスキマが開いて、知らないうちに虫歯になったり歯が割れたりすること・・・などなどです。

 後編のテーマは、この欠点2と欠点3。
両者は、アマルガムの金属としての性質そのものを原因としていますので、まとめて見ていきたいと思います。
 
 まずは写真をご覧ください。
下の写真は「メタルフリーへと続く道・Part1」でも使った写真ですが、奥歯が明らかに変色し、大きく審美性を損ねています。そして、後に紹介しますが、この歯は想像以上に重症で、最悪の結末を迎えます。
b0119466_00350773.jpg
 下の写真、黄色矢印は、とても小さいアマルガム治療ですが、黒変し逆に虫歯のように見えてしまっています。
その間の小臼歯は何十年も虫歯になっておらず、虫歯リスクの考えから見ると、このアマルガム治療も本当に必要だったのか疑問が残るところです。
b0119466_23160796.jpg
 下の写真、黄色矢印部分。
アマルガムは接着性が無いため、長期使用で劣化してスキマができたり、歯にヒビが入ったり割れたりすることがあります。
接着性とは、歯科材料が歯そのものくっつく性質で、接着性があると、歯を補強する場合があります。
接着性が無いと、スキマやヒビができやすくなり、そスキマやヒビの部分から中に細菌が入るため、中で虫歯が進行します(2次虫歯と言います)。
b0119466_23184471.jpg
 下の写真の歯も同様です。
前歯の裏側ですが、ヒビやスキマが入り、中で2次虫歯が進んでいます。
b0119466_23193555.jpg
 さて、下の写真は最初に出てきた症例ですが、そのアマルガムを除去した時のマイクロスコープ画像です。
2次虫歯の部分を取り除いたのですが、矢印部分にヒビが入っています。
b0119466_00541302.jpg
 ヒビからの感染は神経にまで進んでいましたので、やむを得ず神経を取りました。
4本も神経がある歯でしたが、大きく黒いヒビが入っています(黄色矢印)。
b0119466_00580240.jpg
 最も問題なのはこのヒビで、これだけ大きなヒビが入った奥歯は、正直言って予後がまったく予測できず、治療後すぐに割れてしまう可能性もあります。
そうなるとこの歯は抜歯になりますので、もっと早く治療ができなかったか悔やまれるところです。
b0119466_01001769.jpg
 別の症例も見てみましょう。
同じく古いアマルガム治療のマイクロスコープ画像です。
お約束のように、アマルガムの「劣化」「ヒビ」「中の2次虫歯」が出来ています。
b0119466_01070234.jpg
 アマルガムを除去したあとの画像です。
一部ですが、中で深い虫歯になっています。ヒビも入っています(黄色矢印)。
b0119466_01090360.jpg
 この症例も大きなヒビが入っていましたが(下写真、黄色矢印)、幸い神経までは入っていなかったため、詰めなおすだけで治療は終了しました。
b0119466_01113339.jpg

 誤解が無いよう書き添えておきますが、「ヒビ」の問題は、アマルガムだけの問題ではありません。
最近は、ストレス社会のせいか、食いしばりや歯ぎしりで、健康な歯を噛み割ってくる方が増えています。
特に、マイクロスコープなどで覗いていると、問題がある歯の多くの症例に「ヒビ」を発見します。
これはまたどこかで改めて話をしたいと思います。

 さて、最後に、わりと簡単なケースのアマルガム治療の再治療の例を紹介したいと思います。
 下の写真、やはり奥歯の古いアマルガム治療。
「劣化」はありますが、まだ初期で、幸い中の「ひどい2次虫歯」と「ヒビ」はありません。
b0119466_01230563.jpg
下の写真は、アマルガム合金除去後です。虫歯はありませんが、それでもこれだけ変色しています。
b0119466_01251559.jpg
 接着性材料のプラスティック(コンポジットレジン)で修復しました。(下写真)
b0119466_01271830.jpg
 現在では、ていねいにやると、ここまで審美性と歯の形を回復する事ができます。
術前と比べて見たら、やっぱりこっちの方がいいのは、皆さん明白だと思います・・・。

 さて、今回始めた『「メタルフリー」への道』・・・、その「最初の第一歩」がアマルガム合金の除去です。
わざわざ、『「メタルフリー」への道』、と、仰々しいタイトルをつけたのは、それが実は思いのほか、遠い遠い大変な道のりだからです・・(-_-;)。

 「Part1、歯科用金属の功罪」、でも述べたように、金属にも「強度」という大きなメリットがあり、また過去からの保険診療の流れで、お口の中全体に金属が入っている患者様もいらっしゃっいますので、そのすべてをいきなり外してメタルフリーにすることは、時間的にも費用的にも性能的にも到底不可能です。
また、小さな詰め物は保険診療でも大丈夫ですが、大きな虫歯の詰め物は保険外診療になる可能性が高いのも、道のりを遠くする大きな問題です。

 次回は金銀パラジウム合金の話になりますが、これにくらべると、小さなアマルガム治療なら、多くは保険でプラスティックに替える事ができますので、アマルガムのマイナス面を考えると、手軽でコストパフォーマンスの高い治療になります。
 それでも、このアマルガム治療が、現在どれくらいの量、患者様皆様のお口の中に眠っているのか想像もつきません。
それだけ長い長い歴史がある治療なのです。

 アマルガムの除去は「メタルフリー」への第一歩!
少しずつやっていきたいと思います。

 

 






by healthcarenews | 2019-01-23 16:16 | 虫歯治療・MI治療

「メタルフリー」へと続く道・Part2 アマルガム合金について・前編

 今夜のヘルスケア通信は、「メタルフリー」へと続く道、の第2夜です。
前回にも少し触れましたが、歯科でお口の中に使われる金属は、大きく分けて
1.アマルガム合金
2.金銀パラジウム合金
3.銀合金
4.チタン合金
5.コバルトクロム合金
6.金や白金などの貴金属
などなどです。

 今夜のテーマはその中の、1.「アマルガム合金」についてです。
「アマルガム合金」とは、銀やスズ、銅や少量の亜鉛などの金属を「水銀」と混ぜて「練り合わせて作る合金」の事です。
 混ぜ合わせた当初は柔らかいため、型を取る必要が無く、削ってすぐに虫歯の穴などに詰める事ができます。
硬化すると固い金属に変わり、少し膨張するため、虫歯の穴に密着してしっかりと詰める事ができます。

 とにかく簡単で安価で丈夫。「接着」のための面倒な下準備も要らず、銀の殺菌作用のせいか少々虫歯の取り残しがあっても「それなり」の治療ができるため、今から40~50年前の「虫歯の洪水」と言われた時代、歯医者さんが患者さんであふれた時代には、非常に重宝された治療法でした。

 40代から50代の方なら心当たりがあるでしょうが、学校検診で「虫歯だねー」って言われて、歯医者さんに行くと、ろくな説明も無くチャチャっと削って詰められた「銀歯」、そうアレです(^^;。

まあ、下の写真のコレ(黄色矢印)とか・・・・、
b0119466_00285628.jpg
コレとか・・・、
b0119466_00304405.jpg
コレとか・・・、
b0119466_00314122.jpg
コレなどです。
b0119466_00321488.jpg
 上の写真の症例でも、もう何十年もお口の中で痛くなく噛めていて、あの訴訟大国で安全性にうるさいアメリカでも50年以上問題にならずに使われてきた材料ですので、一概に「悪い治療」と言う訳ではないのですが・・・、まあ、コレに変わる「接着治療」が確立した現代では、使う理由は無いですねえ。

 アマルガム治療は、虫歯の治療が、
「歯科医院は歯が悪くなってからかかるもの」
「穴が開いたら削って詰めたら治療は終わり」
「どうせ、また悪くなる」
 そう思われていた時代~歯科治療が、長期的な全身の健康を守るなど、まったく考えられていなかった時代~の、前時代の遺物と言えます。
日本でも2~3年前に、保険診療での使用が廃止されました。

 簡便なアマルガム治療ですが、現代で用いるにはアマルガムには三つの大きな欠点があります。

 アマルガム合金の、大きな欠点のひとつ目はまず金属に「水銀(無機水銀)」が使われている事。
水俣病で有名な「有機水銀」ほど強い毒性がある訳ではないですが、長期間使用しているうちに唾液で溶けて、粘膜や消化器官から吸収されて体内に蓄積されて毒性を発揮すると言われています。

 人を脅かすようなサイトを見れば、「アマルガム(水銀、スズ)は、神経毒性が強く!、不眠、イライラ、めまい、肩こり、頭痛、アレルギー、アトピー性皮膚炎の原因になり、免疫力が落ちてリウマチなどの膠原病や、不妊の原因にさえなる」などと書いてあります・・・・(-_-;)。
 まあ、小学校の頃にアマルガムを詰めて、50代60代までピンピンしている人がほとんどですので、上のようなサイトの情報を鵜呑みにしてはいけませんし、不必要に恐れて過剰に反応する必要はありませんが、金属アレルギーの原因になることは間違いないと思っています。
 また、原因不明の体調不良に悩まれている方が、アマルガムを除去することで回復するなら、それはそれで素晴らしい事だと思います。

 50代60代を超えてくると、ホルモンバランスの狂いや、体力、免疫のバランスの悪化も、「老化現象」として起きてきますので、その不安定要素を減らすためにも、最近では患者様の了解が得られたら、できるだけアマルガムを外してプラスティック(コンポジットレジン)などで詰め替えるようにしています。

 二つ目の欠点は、見た目が審美的に悪い事。
単なる銀色ではなく、年数が経ってくると金属が劣化して黒い銀色に変わってきます。
上の写真でもそうですが、単に金属が劣化するだけでなく、銀が溶けだして、周りの歯まで黒く変色させていきます。
これは、歯の歯質そのものを変色させますので、後からアマルガムだけ除去して、プラスティックを詰めてもきれいな色にもどらない時があります。

 三つ目の重大な欠点は、(現在の予防歯科的見地から言うと、僕的にはこちらの方が重要なのですが・・・)アマルガムは歯に接着性が無い事。
そのため、長期使用で、歯とアマルガムのスキマに知らないうちに深い虫歯が出来ていたり、歯が割れたりすることです・・・(-_-;)。
 また、これはこれで、多くの症例と写真が必要になります。
こちらの話は後編に回しましょう。


 


 




by healthcarenews | 2019-01-22 13:26 | 虫歯治療・MI治療

「メタルフリー」へと続く道・Part1 歯科用金属の功罪について・・・。

 2019年、最初のヘルスケア通信は、昨年末からの続きで「メタルフリー」をテーマにしていきたいと思います。

 2018年、年初から集中して「インプラント」をテーマにしたように、今年の年初の特集は「メタルフリー」。
まあ、「インプラント」ほどたくさん書くことがある訳ではありませんが、逆に、「インプラント」が虫歯が重症になって、いよいよ歯を抜かないといけない段階まで来た患者様の悩ましい選択肢として上がってくるのに対し、「メタルフリー」は、最初の虫歯の1本から、いや、最初の虫歯の1本だからこそ考えておかないといけないテーマで、老若男女、健康な歯の方も含め、多くの患者様に非常に身近なテーマなのです。

 2015年7月より始まったダイレクトボンディングは安定した成績を残していますし、2018年にバージョンアップしたオールセラミックスの接着システムも、時間はかかりますが、非常に好成績を残してくれており、これで当院で安心して「メタルフリー」治療を提供できる環境が整ったと思っています。

 くしくも、今年の5月には「○○元年」と年号が変わります。当院も、今年はそれにあやかって「メタルフリー元年!」(笑)として(冗談ではなく)、真剣に患者様の事を考えてメタルフリーに取り組んでいきたいと思っています。

 「メタルフリー」治療、医院によってはノンメタル治療と呼ぶこともありますが、まあ簡単に言うと、お口の中に行う歯科治療に際し、金属を使わない治療の事です。
何故「メタルフリー」に真剣に取り組むかと言うと、やっぱりそれが良いと思うからなのですが、その説明のためには、歯科の治療に使われている金属について、ちゃんと説明しておく必要があると思います。

 で、メタルフリー特集Part・1は歯科用金属の功罪、から・・・。

 まず誤解の無いように最初にお断りしておきますが、歯科用金属として今まで歯科で長く使われてきた金属は、その時代時代のニーズにマッチした、どれも素晴らしい性能を持つ材料です。
 金属アレルギーの問題のように、有害な部分も無視はできないのですが、歯科治療から金属の使用を永久に完全に「ゼロ」にすることは、コストと材料の性質の問題から見ても非現実的で、非常に難しいと思っています。

 特に、金属が持つ大きな長所は「丈夫」な事です
歯には、時には体重と同じかそれ以上と言われるくらいの「強大な噛む力」がかかるのですが、金属なら噛む部分を厚さ0.3㎜ぐらいまで薄く仕上げることができます。
 それは、クラウンとして歯をかぶせてしまう時は、歯を削る量を薄く最小限に抑える事ができますし、ブリッジとして複数本つなぐ場合も、削る量を最小限にして薄く仕上げて形や舌触り良くし、その上でブリッジの強度を十分に保つことができます。
これはオールセラミックスやプラスティックにはできない芸当です。

 もうひとつ、金属は技工のやりやすさも大きな長所で、丈夫な事とあいまって、非常に繊細な加工が可能になります。
例えば、指輪やネックレスなどの貴金属を想像して頂ければ良いと思います。
あれこそ金属ならではの繊細な加工性が生み出すもので、仮に大きいダイヤが付いていたとしてもセラミクスだけの太い指輪やナイロンの糸でつながれたダイヤのネックレスに心がときめくでしょうか・・・?

 では、なぜ、今メタルフリーなのか・・・?
実は、クラウンやブリッジでは、いまだに有利な面も持つ「金属」ですが、特に小さな歯の「詰め物」となると現代では事態は大きく変わってきています・・・。

 画像をご覧ください・・・。
奥から2番目の歯の銀歯の周辺が真っ黒に変色しています。
b0119466_00350773.jpg
 患者様は48歳、女性。
 20年以上前に詰めた銀歯が腐食し、中が2次う蝕(1度治療した歯のスキマからまた虫歯になること)になりました。残念ながら虫歯に気付くのが遅れたため、この歯は神経を取ることになりました・・・。
 しかし、この患者様は、実は銀歯以外のところは虫歯になっていません。もともと虫歯にはなりにくい体質なのです。ところが、銀歯の部分だけが神経を取るくらい虫歯が進んだのです。ここに金属の詰め物の大きな問題があるのです!

 この治療に使われている金属は、一般に「アマルガム」と呼ばれている金属です。
その他に、歯科で使われている金属は、細かく分ければまあ無数にあるのですが、大きく分けると、この「アマルガム合金」、「金銀パラジウム合金」「銀合金」、金や白金などの「貴金属」そして、インプラントに使われている「チタン合金」などがあります。

 次回からは、そのそれぞれの金属について、もう少し詳しくお話をしていきたいと思います。

 最後に、最近のダイレクトボンディングの症例を一例ご紹介して、本日の話を終わりたいと思います。
最新のダイレクトボンディングのテクニックは、ここまで自分の歯を再現する事ができます。
これが、私がダイレクトボンディングにはまった理由です。

 この患者様も48歳、女性。若い頃、無造作に銀歯が入れられていた世代でもあります。
下は術前写真です。
大臼歯に2本、銀歯が入れられています・・・。
b0119466_00550659.jpg
 術後です。
黄色矢印、一番奥の歯を、銀歯をはずし、ダイレクトボンディングで修復を行いました。
歯の溝を彫刻し、着色もほどこし、機能も含め本物の歯そっくりに修復しています。
赤矢印は、この時点ではまだ仮歯です。セラミッククラウンで修復予定です。
b0119466_00554290.jpg
 銀歯があると、どうしてもお口の中が暗く見えてしまいます。
奥歯をメタルフリーにすることで、歯肉の色調も明るく改善したように見えます・・・。

 2019年の診療は1月5日から。その朝一番の患者様はセラミックインレーの型取りの予定です。
「メタルフリー元年」を象徴するようなさいさきの良いスタートになりました。がんばって良い結果を出したいと思います。

 



by healthcarenews | 2019-01-02 20:17 | 審美治療・セラミック

2019年、明けましておめでとうございます!

b0119466_18245142.jpg
今年は是非とも、みんなが不安の無い平和な年になりますように・・・・。

「ところで、お前誰だ?・・・・・」              
ピピです!
b0119466_16230189.jpg


by healthcarenews | 2019-01-02 18:27 | お知らせ

貴方の健康の舵取りを。堺市北区中長尾町、山本歯科医院の歯科に関する情報のページです。


by healthcarenews
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite